【ジョージア】トビリシからアルメニアのエレバンまでバス移動

トビリシからアルメニアへバス移動

トビリシからアルメニアへ行こうとして、調べたところトルコのトラブゾンからトビリシまで来たバスターミナルからバスが出ているとの情報を得た。

 

スポンサーリンク

イサニ駅近くの国際バスターミナルへ

バスターミナルはメトロのIsani(イサニ)駅から1.5キロのところにある。

駅から歩けなくないが、今回はローカルバスに乗ってバスターミナルへ。

グーグルマップで調べたところ19.50.71.101番がイサニ駅からバスターミナルへでている。

 

バスターミナルでバスを探す

 

バスターミナルからアルメニアな首都であるエレバンへのバスを探した。

まず、声をかけてきたのがエレバンまで40リラ。これはバスターミナルの外で待ってる車(ミニバン)でキャッチの男が言ってきた。

交渉した結果35ラリまで下がったが、かなりしつこい奴だったため、なんとなくこの人からチケットを買うのが嫌だったので、違うところで探した。去り際に30ラリまで下がったが、人が誰もいないので出発時間がわからない。

たぶんかなり待つのだと思った。

 

違うところでエレバン行きを探した。

次はバスターミナルのちゃんとしたブースでチケットを売ってるところで聞いたところ、30ラリでチケットを売っていた。

ここはしっかりレシートも出るし、パスポートチェックもしていた。

ちゃんとした会社であることがわかったのでここで購入。

MOCKBAという会社だった。この会社のブースはバスターミナルの建物内の地下1階にあった。

ここでお金を支払いチケット(レシート)を受け取り、15分待ったところ出発した。出発時刻は10:50だった。

時刻表を聞いたところ

  • 9:00
  • 11:00
  • 13:00
  • 15:00
  • 17:00

2時間毎にバスがあると言っていた。しかし、人数がいっぱいになったら出発するらしい。今回は満員になったので10分前に出発した。

 

エレバンに向けて出発

エレバンまでは約6時間かかることを考えれば15時のバスには乗りたいところだ。

バスに乗ってから1時間20分たったころには国境に到着した。国境ではまずは出国するが、とんでもなく簡単だった。

パスポートだけ持って、荷物は車の中においたまま出国スタンプを押してもらってまたバスに戻った。

川をバスで渡り、次はアルメニアの国境に着く。ここでパスポートコントロールの目の前でバスを降りる。入国のときは荷物を全て持ってパスポートコントロールへ行く。

 

アルメニアへの入国はビザが必要

アルメニアに入国するには日本人ならビザが必要だ。

ビザは国境でアライバルビザが取得できる。ビザ代金はトルコの通貨で支払うと20リラ(約900円)だった。

アルメニア通貨、ジョージア、ドルで支払うことができる。他の通貨でも大丈夫だと思うが確認はしてない。ドルで支払うよりアルメニアの通貨で支払うほうが良い。アルメニア通貨のドラム(AMD)なら3000ドラム(約680円)でVisaがとれる。

ドル<ラリ<ドラムの順番でいいと思う。

本当はドラムで支払いたかったが、ジョージアのバスターミナルで換金ができなかったので、ラリで支払った。

バスターミナルは僕がみたところ両替所は2箇所あって、1箇所では断られて、もう1箇所は人がいなかった。

 

ビザの取得場所

アライバルビザはパスポートコントロールと同じ部屋の向かい側にVISAと書いたブースがある。

ここでビザを取得する。

必要事項は何日間滞在するかだけ。ホテル名も何もいらなかった。

ビザを欲しい旨を伝えて、何日間滞在するか聞かれて、サインを書いたらビザが発行された。時間にして2人で5分くらいだった。

人も並んでないし、速攻だった。お金は現金でラリで支払いをした。支払い終わった時に気づいたのだが、ブースの隣にATMがあり、ここでお金を引き出すこともできる。気づいたのがビザを取得したあとだったため、遅かったが、ここでお金を引き出して、ビザ代金を支払うのが1番安くすむ。

ちなみにビザの日程だが、4日間の滞在なので4日といったらビザの期間は21日間のビザだった。たぶん最短で21日間のビザであろう。アルメニアはインターネットでeビザが取れるがアライバルビザでも簡単に取れる。eビザは申請から取得まで2日間かかるのと、印刷が必要らしいので、アライバルビザは簡単でいいとおもった。

※現在はアルメニアの入国にはビザが不要となっている

 

入国審査

パスポートコントロールで気をつける事はアゼルバイジャンへ行ったら入国審査が少し時間がかかる点だ。同じバスにドイツ人がいて、その人が入国審査に時間がかかっていた。

僕らはビザを取得してお金をおろして入国したが、ビザのいらないドイツ人のほうが時間がかかっていた。まぁ、無事に入国できるので問題ないが。無事に入国できたら、荷物検査をして建物をでたところにバスがいるので、バスに全員が揃うのを待って出発。時間にして出国から入国まで30分程度だった。

12時40分にはバスは出発した。そして数回の休憩をした後の約6時間後の17時すぎにエレバンのバスターミナルに到着。

 

スポンサーリンク

アルメニアのエレバンに到着

バスターミナルからはタクシーがある。中心地までは約2キロなので、歩けないこともない。バスで中心地に行くにはバスターミナルの反対側へ渡り、そこからバスに乗る事もできる。

リパブリックスクエアの方にはバスは通らないらしいが、フリーダムスクエアやフランススクエアの方にはバスがでている。

バスは1回100ドラム(約25円)なので利用するのもいいだろう。バスの種類は多いので、乗る前に確認したほうが良い。

【アルメニア】エレバンの交通情報
エレバンの交通 エレバンはメトロとバス、そしてマルシュルートカがある。どれも市内なら100ドラム(.....

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

17.ジョージア18.アルメニア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました