プロメテウス鍾乳洞(ケーブ)の行き方

プロメテウス鍾乳洞

世界遺産の鍾乳洞です。

クタイシに来たらこれに行くべきです。

 

スポンサーリンク

プロメテウス鍾乳洞への行き方

バザールからバスが出ています。このバスでツカルトゥボへ行きます。ここから更にバスをのりかえて、プロメテウス鍾乳洞へ行きます。

スポンサーリンク

バスの出発地

バスはここから出ています。ゲラティ修道院へのバスよりも頻繁に出ています。バスの番号は30番でした。運賃は1ラリ(約46円)でした。


ツカルトゥボ行きのバスはこのレッド橋の近くから出ています。レッド橋の左にある遊園地側からバスがあります。

ドライバーにプロメテウスケーブに行きたいと伝えておくと、ツカルトゥボからケーブ行きのバス停で降ろしてくれる。

 

スポンサーリンク

ツカルトゥボ

到着したらすぐに乗り換えのバスがあった。番号は42番。乗り換えが出来るように時間調整をしているっぽい。バスに乗ったら15分もしないうちにプロメテウス鍾乳洞に到着。料金は1人2ラリ(約92円)だった。

降ろしてくれるのは、プロメテウス鍾乳洞のビジターセンターの目の前です。ビジターセンターでチケットを買いましょう。

 

スポンサーリンク

チケットの値段

プロメテウス鍾乳洞へはビジターセンターでツアーに入る必要がある。入場料は7ラリ(約330円)。学生は3ラリだった。この他にボートに乗る事もできる。その場合は更に10ラリ(約460円)必要だ。僕はボートには乗らなかった。

 

ツアー開始

チケットを買ってから、ツアーが開始するまで10分待った。

ツアーは英語でも話してくれる。そして、ツアーでは鍾乳洞がいい感じだった。

最後に鍾乳洞のチケットの人は途中で終わりだが、ボートの人は更に下に降りて、ボートに乗るらしい。鍾乳洞内からボートに乗って行くなら是非やってみたかった。

鍾乳洞を出たら、そこに列車の乗り物が用意されていて、それに乗ってビジターセンターへ戻る。この乗り物は無料だ。

 

クタイシへ戻る

ツアーがおわれば、ビジターセンターに戻るので、そこに行きに使ったミニバスがあり、それに乗りツカルトゥボへ。

帰りも2ラリ。

それから、クタイシ行きのミニバスで帰る。

 

合計金額

これも1ラリ。クタイシ、ツカルトゥボの往復2ラリ。

ツカルトゥボ、プロメテウス鍾乳洞への往復4ラリ。入場料は7ラリ。合計13ラリ(約600円)で十分楽しめた。

所要時間はクタイシを出発してから3時間半後にクタイシへ到着した。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

17.ジョージア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました