ユーロラインの乗り方

初めてeuroラインに乗ってみた

初めてユーロラインに乗ったので、乗り方を記録します。

ルートはベルギーのブリュッセルからオランダのアムステルダムです。

 

スポンサーリンク

準備編

予約が完了したらメールでチケットが送られてくる。これを印刷しておく。

チケットに乗車場所の住所が記載されているのでその住所をグーグルマップに入力しておく。乗り場は大抵の場合、ユーロラインのオフィスに併設されている。

 

スポンサーリンク

当日の乗車

当日は出発の30分前にチェックインするように書かれていますが、15分前でも十分でした。僕は初めてなので35分前に到着しました。到着したら、オフィスのカウンターでチェックインをします。チェックインと言ってもプリントアウトした紙をカウンターに渡すだけ。

何個荷物を預けるか聞かれ、答えると乗車番号の書かれたカードと荷物用のタグをもらいます。タグを荷物につけてオフィスで待機します。ユーロラインのオフィスにはWi-Fiがあったので、時間は潰せました。出発の10分前にアナウンスがあり、プラカードを持った人とオフィスからバスまで向かいました。

 

スポンサーリンク

バスに乗る

バスに着いたら荷物を預けます。そして乗車時に乗車番号が書かれたカードを渡してバスに乗ります。バスにはWi-FiとUSB充電が付いていました。残念ながらWi-Fiは遅かったです。遅れた人がいたので、出発は定刻より8分遅れでバス乗り場を出発しました。

 

スポンサーリンク

バスが到着

バスはユーロラインのオフィスに到着しました。ユーロラインのオフィスは都市によって、街中にあるか少し離れたところにあるかわかりませんが、ユーロラインのオフィスには無料のWi-Fiがあるので、それで次のルートを調べることができます。

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

海外旅行ハック
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました