ティミショアラからブダペストへの夜行列車

ルーマニアのティミショアラからハンガリーのブダペストまで夜行列車でいく

ルーマニアの西の端にあるティミショアラから夜行列車でハンガリーのブダペストまで行きました。

 

 

スポンサーリンク

夜行列車のルート

夜行列車ではティミショアラからアラド、アラドからブダペストに行きます。一度の乗換が必要になります。

 

ティミショアラ発の時刻

ティミショアラを23:26発、アラドに0:34着です。

それからアラドを1:16発、ブダペスト4:50着です。

 

チケットの料金

チケットの値段は112ディナール(約3200円)でした。

内訳はティミショアラーアラドが7ディナール、アラドーブダペストが14ディナール、それに特急料金が91ディナールでした。

 

チケットの買い方

チケットはティミショアラノード駅のインターナショナルの窓口で購入しました。現金でもクレジットカードでも購入可能です。

 

荷物預り所

荷物預り所があるとインターネットの情報でありましたが、2017年7月時点では無いと言われました。工事をやっていたので、無かったのか、最初からないのかわかりません。とりあえず預けることができませんでした。

 

スポンサーリンク

夜行列車までの待機時間

夜行列車は23:26出発なのでかなりの時間を益で過ごしました。待合室があり、電源とWi-Fiは無料でありました。

トイレは1ディナール(約30円)かかります。近くにスーパーやカフェもあるので比較的過ごしやすかったです。

 

列車に乗る

アラド行きの列車は出発の約1時間前には駅の構内にありました。アラド行きの列車はガラガラなので好きな席を使えます。遅くとも出発の5分前には列車に乗っていたほうが良いです。

出発は5番線からでした。夜23時ですが、人は多くスタッフもいるので比較的安全だと思いました。

 

スポンサーリンク

アラドに到着

アラドは予想外に大きい駅でした。ティミショアラやベオグラードの駅よりも大きかったです。さらに近代的になってました。

到着はほぼ定刻通り。電光掲示板などもあり、ブダペストと書いてありましたが、実際はVienna(ウィーン)行きの途中停車駅がブダペストです。

ちなみにアラドが始発駅ではないので、出発時刻までは列車は来ません。待合所にて列車が来るまで待ちます。アラド駅ではトイレが無料なのも嬉しいです。

 

列車が到着

ウィーン行きの列車は遅れて来ました。ブカレストからです。

遅れは25分でした。

電光掲示板にはどこからの列車がどこへ向かうのかが書いてあります。遅れてきたため、停車時間は10分の予定でしたが、実際は5分もなかったです。列車には列車番号などわかりにくいので、近くにいる人に聞いて乗ったほうが良いです。

この時間、列車はこれしかありませんが、遅れてくる列車もあるので、間違わないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

列車は国境に到着

列車は国境に到着しました。これからパスポートチェックです。時差が1時間あるので現地時刻に合わせます。国境では出国、入国でスタンプを押され、合計1時間くらい停車してました。その間は座席に座っていれたのですが、長く感じました。

現地時刻で1:40くらいに全てが終わり、これから眠りにつきます。

 

スポンサーリンク

ブダペストに到着

ほぼ時刻通りにブダペストに到着です。そして思ったのが、列車内は寒い。

昼間とは違います。特に足が寒いです。

7月で寒く感じたので、ちょっとした物を着込んでいたほうがいいです。さすがにブダペストに近づくと若干車内はざわつきますが、静かです。列車は静かに到着しました。

到着はブダペスト東駅でした。近くにマックがあったのでマックで時間つぶししました。マックは6時から開店ですが、マックの外でならWi-Fiが使えました。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

34.ルーマニア35.ハンガリー
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました