ブダペストの空港から220円で市内まで行く方法

ブダペストの空港から市内への行き方

ブダペストの空港から市内までは簡単に行くことができます。

逆に市内からブダペストの空港までも逆のルートで行くことができます。

 

スポンサーリンク

ブダペストの空港

ブダペストの空港から市内までは最安値で220円で行く事ができます。時間も約1時間で行けます。

 

行き方

ブダペストの空港に着いたら、200E番のバスに乗り、終点のメトロ駅まで行きます。そこからメトロに乗り換えて中心街まで行きます。

空港ではターミナル2の到着ロビーを出たらターミナルAとBの間に乗り場はあります。わかりやすいです。

 

 

チケットの買い方

通常のメトロやトラム、バスのチケット(共通券)は350フォリント(約150円)ですが、トランスファーチケットというのが存在します。これはメトロ、トラム、バスの乗換えチケットです。これを買うことで最安値の530フォリント(約220円)で中心街まで行く事ができます。

チケットはバス停のすぐ横に券売機がありますので、ここで購入します。クレジットカードの使えますが、機械によっては使えないところもあります。

 

スポンサーリンク

市内から空港への行き方

これは空港から中心街へ行く行き方の全く逆なので、簡単です。M3のメトロの終点がバス乗り場ですが、案内版があるので簡単に乗り場はわかります。

このメトロ駅から空港行きのバスが出ています。番号は200Eです。

 

共通券の注意点

このチケットは自分で打刻しなければなりません。チケットを買って、機械に入れて日付を印字しないと無賃乗車扱いになりますので気をつけて下さい。わからないなら近くの人に聞くなりしましょう。

バス・メトロ共に印字する必要があります。

 

注意点その2

このチケットですが、メトロの乗換では一枚のチケットで乗換可能ですが、その他の乗換はチケットが2枚必要です。

 

チケット1枚で良いパターン

  • メトロ→メトロ

 

チケットが2枚必なパターン

  • メトロ→トラム
  • メトロ→バス
  • バス→トラム
  • バス→バス
  • トラム→トラム

上のパターン(逆も含む)はチケットが2枚必要になります。特にトラム→トラムなどのパターンはメトロとは違うので注意が必要になります。

 

その他のチケット

  • 1回券350フォリント
  • 10回券3000フォリント
  • 24時間券1650フォリント
  • その他もあり
Types and prices - Budapesti Közlekedési Központ
Are you planning a trip to Budapest and this will be your first visit ever? Do you need up-to-date information about public transport? Then look for the Custome.....

 

バスの時間

バスは朝4時台から0時台まである。しかし、早朝、深夜は本数が少ない。詳しい情報はこちらのページを確認してください。

http://www.bud.hu/english/passengers/access_and_parking/by_public_transportation
スポンサーリンク

まとめ

ブダペストの空港からは220円で市内まで行けます。メトロにかなり乗るなら3000フォリントの11回の回数券を買うとかなりお得。早朝から深夜まで運行している。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

35.ハンガリー
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました