サンクトペテルブルグの郊外の海の聖堂への簡単な行き方

海の聖堂

サンクトペテルブルグの中心街から西へ約30キロのところにある海の聖堂への行き方の記録です。

海の聖堂はクロンシュタットとという地区にあるので、バス停などで人に聞くときにはクロンシュタットと聞けば教えてくれます。

スポンサーリンク

海の聖堂への行き方

海の聖堂へ行くにはグーグルマップで調べたところ、メトロの5番線のStaraya Derevnya駅から101番のバスに乗れば近くまで行けるそうです。

時間は約2時間かかかるとでましたが、実際は2時間かからなかったです。

行きたい方はグーグルマップで現在地からの行き方を調べることをお勧めします。

 

交通費

僕はメトロの3日券を持っているので、全てこの3日券で乗ることができました。

メトロでは料金は払いませんし、101番のバスも3日券で乗れました。現地の人はみんな現金で支払っているので、メトロの3日券とは料金体系が違うのかと思いましたが、どうやら一緒らしいです。

お金を回収する人がいたので、ICカードを見せると機械を出してやってくれました。

ちなみに乗り放題の券を持ってないと85ルーブルで行けます。グーグルマップの料金検索で85ルーブルと出ていました。

 

バスの時刻表

ロシア語が読めないので、詳しくはわかりませんが、朝6時が始発で夜中の00:30までありました。本数は時間帯によりますが、1時間に3本から5本はあります。

朝の時間帯は12分間隔、それ以降は20分間隔です。夜の時間帯になると一時間に2本くらいになっていました。

詳しくは現地で確認するかグーグルマップでもおよそ正確な時間がわかりました。

 

バスはクロンシュタットに到着

バスに乗ってから約1時間後にクロンシュタットのバス停に到着しました。

バス停から海の聖堂までは約10分ほど歩きます。

 

スポンサーリンク

追加で他の観光地も回ってみる

せっかくクロンシュタットまできたので、ロモノソフのオラニエンバウム宮殿とペテルゴフ宮殿にも足を伸ばしてみます。

 

ロモノソフのオラニエンバウム宮殿

次はロモノソフのオラニエンバウム宮殿に向かいます。

クロンシュタットのバス停から175番のバスがありますので、それに乗ってロモノソフへ向かいます。このバス停はクロンシュタットで降りたバス停の横にありました。

これの料金も3日券に入りますので、実際にはお金がかかってません。こちらはICカードをタッチするタイプでした。

このバス停で降りるとオラニエンバウム宮殿の目の前に降ります。

 

次はペテルゴフ宮殿へ

次はペテルゴフ宮殿に向かいます。

175番のバスを降りたところから、また175番のバスに乗り、2つ先の停留所でバスを乗り換えます。200番のバスに乗りましょう。このバスは12分毎にあるので、かなりの本数があります。


乗り換えるバス停はここです。

オラニエンバウム宮殿から1キロくらいしか離れてないので、歩くこともできます。


ペテルゴフ宮殿のバスの降り場所はこちらです。

ペテルゴフ宮殿はロシア人に人気がありました。人気がありすぎて、混みすぎてたのと入場料が高かったのとロシア語のみだったので、入るのをやめました。

宮殿内にははいれませんでしたが、裏の庭園(メインではない)は無料で入れました。

 

近くの売店で食べ物を買いましたが、看板と値段が違うのと追加料金を取られるので気をつけてください。

ワッフルの注文で最初は140ルーブルでしたが、看板に書いてあるメニューの通りに注文したら390ルーブルもしていました。ちなみに看板の写真と同じように注文したらこんなことになりました。ちなみに看板には140ルーブルと書いてあります。

ロシアで390ルーブルも出せばレストランで食べれる金額なので、この近くの売店で購入するのは緊急事態以外やめておいたほうがいいです。

 

スポンサーリンク

市内までメトロまで帰る

帰りは降りたバス停から200番か210番のバスに乗ればメトロの駅まで行きます。バスの本数は多いので心配はいりません。

このバスも3日券で乗れましたので、今回の移動にかかるお金は一切かかりませんでした。メトロもバスもトラムも乗れる乗り放題、おすすめです。

バスは普通のバスに乗りましたが、乗り合いバスもあります。

こちらの方がメトロまで早く行けるので、急いでいる人にはいいかもしれません。バスは停留所に停まるため、帰りもかなりの時間がかかりました。ペテルゴフ宮殿からメトロ駅まで1時間くらいかかりました。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

38.ロシア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました