【バス移動】タリンからリガまでエコラインズで移動する

タリンからリガまでの移動

エストニアのタリンからラトビアのリガまでの移動の記録です。

 

使ったバス会社はエコラインというバルト三国では有名な会社です。

ヨーロッパ方面でも多少は走っています。

 

Wi-Fiも使えるし、快適なバスでした。

お勧めのバス会社です。

 

スポンサーリンク

バスはエコラインズで予約

タリンからリガまでのバスはエコラインズ(ecolines)かラックスエクスプレス(Lux Express)がネットで予約できます。

2つを比べるとエコラインの方が安かったのでエコラインで移動することにしました。

 

チケットの値段

料金は18.2€でした。

早めの予約やプロモーションがあるともっと安くなるのですが、乗車日の前々日の購入のためこの値段でした。

⇒Ecolinesのホームページ

 

ちなみにラックスバスは23€でした。

 

バスのクオリティ

サンクトペテルブルグからヘルシンキまでラックスエクスプレスを使ったのですが、エコラインとクオリティはそこまで変わらないと思います。

 

若干ラックスのほうが良かったと思いますが、そこまで違いはなかったです。

両会社もトイレ付、Wi-Fi、ホットドリンク、電源のサービスがありました。

 

スポンサーリンク

実際の移動

タリンのバスターミナルはここになります。

 

バスターミナル

タリンのバスターミナルは比較的新しく、待合所は綺麗で電源やフリーWi-Fiがありました。

トイレは有料でした。

電光掲示板があり、どこのバスが何番から出発というのはわかりやすかったです。

チェックイン

バスは17:00出発でしたが、道が混んでいたため、バスの到着が遅れたので、出発は17:30になりました。

チェックインの時にチケットを見せますが、スマホの画面で大丈夫でした。

 

荷物を預ける時には印刷したチケットにシールを貼り、割り印をされました。

後で調べたのですが、エコラインのチケットは印刷しておいたほうが良さそうです。

 

エコラインのホームページのインフォメーションにプリントアウトしてくださいと書いてありました。

僕の場合はチェックインの時はスマホで大丈夫でしたが、荷物を預けるときには印刷したものを見せろと言われました。

プリントアウトマシーンっぽいのがありましたが、使い方は不明です。

地元民はこれでチケットを発券していました。

 

エコラインの預け荷物

預け荷物は3つまで大丈夫らしいです。

重量制限やサイズの制限がありますが、大抵の人なら間違いなく大丈夫だと思います。

 

車内の様子

バスは狭くなく、トイレも水洗で水も流れました。

1人1台のデバイスがついており、映画なども見れます。

 

残念ながら、階段付近の席にはデバイスはついていませんでした。

 

リガに到着

予定通りにリガに到着です。

出発は遅れてましたが、到着は時間通りになりました。

リガのバスターミナルは旧市街から近いです。

徒歩で行けます。

 

また、徒歩圏内に安宿もありますので、観光にはうってつけです。

次回はラトビアのリガからリトアニアのシャウレイまでの移動記録です。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

40.エストニア41.ラトビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました