【ZELTA ZIVTINA】ラトビアのリガで格安のSIMカードを買ってみた

ラトビアはSIMカードが激安

ラトビアはSIMカードが激安です。僕は3.99€でSIMカードを購入しました。

ブランド名はZELTA ZIVTINAと言います。

 

スポンサーリンク

EU諸国間のローミング料金が廃止

EU諸国間のローミング料金が廃止されたのでラトビアのSIMカードでどこまで使えるのかわかりませんが、これを利用していたら通信費が抑えられると思い、ラトビアで購入。

 

スポンサーリンク

リガでのSIMカードの購入方法

SIMカードはNarvesenで購入。

 

Narvesenを見つける

Narvesenとはリガにどこにでもあるコンビニみたいなものです。ここでSIMカードは売っています。

 

グーグルマップでNarvesenを調べてもでてきますし、グーグルマップに載っていないお店もあります。かなりたくさんあります。

 

購入方法

レジでSIMカードを購入したい旨を伝えましょう。

英語が苦手なら画像を見せるだけでも大丈夫です。

 

購入時には念のため、ニューSIMカードと言っておきましょう。

間違えてトップアップしてしまうとレシートしか出てきません。SIMカードが欲しいとしっかり伝えましょう。

 

お金を支払う

後はお金を支払うだけです。

3.99€という激安です。

 

スポンサーリンク

SIMのセットアップ

購入したSIMカードが使えるようにするまでです。

 

SIMカードを入れる

購入したSIMカードをスマホに入れましょう。

僕はAndroidを使っているので、Androidに入れます。

 

PINコードを入れる

電源を入れるとPINコードの入力をしてくださいと出てきました。

PINコードは購入したSIMカードのを切り離したカードに書いてあります。

 

これを入力すると全てセットアップ完了です。

 

スポンサーリンク

ローミング廃止されたのでどのくらい使えるのか?

実際にどのくらい使えるのでしょうか?

ラトビアのプランを見てみると、安いデータパックを使えるのは、ラトビア内のみとのことです。

 

ヨーロッパ内は別の料金体系になるようです。

データパック:Calls SMS and 200 MB 7日間 6.99€

通常支払い:Mobile internet, in EU/EEZ countries / 0,93 cents per 1 MB

 

よって通常支払いだと10€チャージして1ギガ使えるくらいでしょうか。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

トリップアドバイザーは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

41.ラトビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました