マラパスクア島からの帰り

スポンサーリンク

マラパスクワ島からの帰り方

IMG_1617

マラパスクア島からの帰りは行きに来たルートとほとんど同じです。
この日の翌日にフライトを控えた僕たちは、マラパスクワ島のホテルを朝8時すぎにでました。
ホテルの人にマヤ港までの船の時間を確認したら、午前中は30分おきにでているらしいです。
ですが、時間はやっぱり適当。だいたいなのがフィリピンです。
ビーチに出てみると、必ず声をかけられます。マヤという声が聞こえてくるので、誰かしらに聞けば、教えてくれます。
船員は自分の船で乗せたいので、こっちの船がいいと言ってきますが、人が1番のっている船を選んだほうがいいです。
基本的には船がいっぱいになったらマヤ港へ出発するので、船に人が乗っていないと出発が遅くれます。
急いで船を出港したいと言うと料金を高く請求されます。
IMG_20160624_085031
僕らは行きは200ペソでしたが、帰りは100ペソで帰ってきました。しかし、乗り合わせていた白人の家族は150ペソ払っていました。行きは100だったのにと完全にブチ切れてました。船員にgo to hell と言っていました。
なんにせよ料金は乗る前に確認したほうがいいです。
マヤ港につくと早速バンのお兄ちゃんからセブまで乗っていかないか?と尋ねられます。
IMG_20160624_085614
こんな感じでバンがマヤ港あたりにたくさんいます。
最初はプライベートで3000ペソから始まり、勝手に2500ペソまで落ちました。
断り続けていると、その後パブリックで行かないか?と言われ、1人250ペソになりました。
ですが、人数が集まらないと出発しないと言われ、バスに乗ると答えました。
行きはマヤ港の目の前で、降ろされますが、帰りのバスは乗り場まで少し歩きます。
道は一本しかないので間違えないと思います。不安なら必ず周りに人がいるので確認しましょう。
IMG_20160624_085738
写真の右奥に見える黄色いバス乗り場があります。
ちょっと歩くので心配になりましたが、ここで間違いないです。
重い荷物を持って、バスのりばまで着くとさっきのお兄ちゃんが再度250ペソで乗ってかないかと言ってきました。多少強引でしたが、もうすでに現地の人が乗っていたので、出発はすぐだと言ってました。
行きはバスだったので、今回はバンで乗り合いで帰ることにしました。
ハッキリ言ってバスよりも全然早いです。むしろ飛ばしすぎって感じでした。
行きは9時にセブのノースバスターミナルを出発してマヤ港に到着したのが、2時半過ぎだったので約5時間半かかりましだが、帰りはだいぶ渋滞したのにも関わらず、4時間程度でノースバスターミナルちかくのSM(シューマート)に着きました。
たぶんバスならもっとかかっていたでしょう。
そんなんで9時にマヤ港を出発し、1時にセブに到着!バスセンターで降りるかと思いましたが、SMまで送ってくれました。ちょっとラッキーでしたね。そして、買い物しました。
荷物が多くて大変かと思いきや、SMにはバックを預かってくれるところがあります。
僕も知らなかったのですが、大きな荷物を持ってたら警備員が教えてくれました。
IMG_20160624_162810
一応、必要事項を書いて荷物を預けることができました。これからはSMで買い物。少しSMから出た出店でサングラスを買って、荷物を取りに行きました。
荷物預けをしてましたが、まさか30ペソの荷物預け料金がかかるとは思いませんでした。
この後にアヤラモールに行ったのですが、こちらは荷物を預けるには料金はかかりませんでした。
関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存