グダニスクからカトヴィツェまでの移動

グダニスクからカトヴィツェまで

飛行機でグダニスク(Gdansk)まで着いたのだが、カトヴィツェまで行くことになった。その移動の記録です。

 

スポンサーリンク

移動手段

移動手段は宿泊費と夜の時間を活用するため、夜行バスを利用。ポルスキバス(PolskiBus)を使った。

本当はカトヴィツェでなく、クラクフまで行きたかったが、直通の夜行バスはクラクフまでなかったので、断念。夜行バスはカトヴィツェかヴロツワフならあった。

 

夜行バスの値段

値段は1人59ズウォティ(約1800円)だった。宿泊費を浮かせるならまあまぁの値段。前日に予約をしたため、この値段だったが、もう少し前に予約すると更に安くなる。

 

グダニスクの出発場所

グダニスク中央駅の横にあるバスターミナルから出発する。このバスターミナルはしょぼい。


 

気をつけたほうがいいのはバスターミナルの建物が夜中は閉まるということだ。

そのため、ターミナル泊もできないし、荷物を預けるロッカーもあるが夜中は取り出せなくなる。ロッカーは確か12~16ズウォティ(約360~480円)だった。

 

出発時間は23:30発だったので、ケンタッキーで時間を潰した。ケンタッキーはグダニスク中央駅を挟んでバスターミナルの反対側にあるが徒歩5分で行けるし、トイレ無料、Wi-Fiあり、飲み物おかわり可能だった。

 

バスが出発

バスに乗り込むしかのは出発時刻の10分前にやっとバスの係員がきた。荷物は無料で預けられる。

またバスに乗るときは予約したメールを見せれば乗車できる。

 

バスのクオリティ

バスのクオリティは悪くはないです。電源付、Wi-Fi付、トイレ付でした。フリックスバスなどに比べると狭いです。同じ値段なら他のバスを選んだほうがいいです。悪くはないんですけどね。

 

個人的なバスランク

LuxExpress›FlixBus›EcoLine›EuroLines›PolskiBus»»»infobus

個人差もあるし、値段もあると思いますが、同じ値段ならこのように選びます。

 

カトヴィツェに到着

カトヴィツェ(Katowice)には8:10到着の予定だったが、実際にはもう少し早く着いた。

到着場所はこちらです。

バスターミナルはグダンスクよりも小さい。ここからアウシュビッツまでのバスも出ているので、ここからアウシュビッツへ行った。

次回はアウシュビッツについてです。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

45.ポーランド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました