フィレンツェからピサまでの列車移動

2017年の最新情報です。

 

フィレンツェからピサまでの交通手段

フィレンツェからピサまではバス、列車がありますが、お薦めなのは時間が確実な列車の移動です。

 

スポンサーリンク

列車移動

列車での移動はフィレンツェ駅から列車が出ています。

列車はかなりの頻度であり、バスよりも多いです。

 

列車の値段

列車は片道8.4€です。

切符は窓口でも買えますし、券売機でも買えます。

 

窓口は混んでいるので、券売機で買うことをお薦めします。

 

券売機での買い方

券売機で買うには言語をまず英語に直したほうがわかりやすいでしょう。

英語に直すと、目的地が出てきますので、【Pisa central】を選択しましょう。

日付や時間のリストが出てきますので、自分が好きな時間を選択しましょう。

 

購入はクレジットカードでも決済可能です。

そして支払いが終わるとチケットが発券されます。

購入から乗車までは少なくとも10分は見ておいた方が安心です。

 

購入後の行動

まず、電光掲示板で列車が何番線から出発するのかを確認します。

ArrivalとDepartureがあるので、Departureのほうの電光掲示板を確認します。

 

次にしなければならないのは、切符を打刻機に、入れることです。

打刻しないと無賃乗車扱いになるので必ず行ってください。

打刻機はホームにあります

 

そして列車がきたら乗り込みます。

 

列車にはどこ行きなど書いてないので、周りのイタリア人に確認しましょう。

ピサ行きの列車は大抵の人がピサへ行くので、優しく教えてくれます。

 

スポンサーリンク

列車でピサまで

ピサまでは急行と各駅があります。

どちらも料金は同じです。

 

急行なら約1時間、各駅でも1時間20分程でピサに到着します。

列車は全て2nd classの自由席なので、好きな席に座りましょう。

満員になる事はないので、ゆったり座れると思います。

 

スポンサーリンク

注意事項のまとめ

券売機で購入する場合、列車は2つの会社があるのでピサ行きの列車の会社の券売機で購入しましょう。

片方の会社の券売機はPisa Centralの文字がないです。

ピサ行きを取り扱っている会社はTRENITALIAと書いてある券売機です。

 

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

24.イタリア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました