バルセロナの空港から買うメトロチケットはどれが1番お得なのか?

メトロが市内にアクセスするのが1番安い

バルセロナ空港から市内に行くのは1番メトロがいいと思います。

 

スポンサーリンク

メトロが1番な理由

空港の送迎を含まなければ、メトロが1番良いと思う理由は3つあります。

 

何と言っても1番安い

メトロで市内までアクセスするのは4.5€です。バスなら5.9€。タクシーならそれ以上します。

しかも、この4.5€の中にはホテル近くのメトロ駅までの交通費も含まれていることです。

 

バスなら 広場まで行きますが、それからの移動(メトロを含む)は更に実費です。

 

メトロは空いている

メトロは始発駅からなので基本的に空いています。もちろん座れます。

 

交通渋滞もない

メトロなので渋滞ということはありません。時間通りに移動できます。

 

往復料金が安い

空港と市内は4.5€しますが、数日券を買うとかなり安くすみます。

空港ー市内の往復で通常チケットを買うと往復で9€します。しかし、2日券であれば14.5€です。2日のメトロ利用で空港往復を引いたら実質5.5€になります。

 

バルセロナに滞在する日数はほとんどが3日程度になります。3日券だと21.20€なので、実質12,20€で3日間メトロが乗り放題となります。

 

スポンサーリンク

注意事項

数日券は空港までの料金が含まれていますが、1日券だけは空港までの料金は含まれていません。

また空港では10回券の購入はできませんでした。2017年8月

 

その他の選択肢

空港までの送迎はツアーバスだとしたら、数日券はそこまでお得ではありません。空港まで入っていればこそ、お得になるチケットなので、空港路線以外であればメトロはゾーン1です。

その場合は素直に10回券を購入しましょう。

 

10回券

通常のチケットは2.15€ですが、10回券を買うと9.95€です。

1回分が1€以下になりますので、10回券を購入しましょう。

 

この10回券は1人でも使えますし、複数人でも使えます。

バルセロナの観光地は基本的に近く、ホテルから市内、市内からカンプノウあたりの往復、市内からホテルと1日使っても6回くらいしか乗りません。

 

1日券は7.5€するので、8回以上メトロは乗らないと思います。そのため1番良いのは10回券となります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

50.スペイン
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました