ALSAバスのバスターミナルで予約したら予約手数料がかからなくて安かった

スペインのALSAバス

スペインのALSAバスですが、バルセロナからマドリードへ行くときに利用しました。

 

スポンサーリンク

GoEuroで時刻検索

時刻の検索はGoeuroで検索すると一発です。

しかもこのALSAバスは本数も多いし、当日予約でも余裕です。

 

GoEuroの予約は手数料がかかる

なぜかGoEuroで予約すると手数料がかかります。そのため、自分で予約したほうが安いです。

 

スポンサーリンク

バスターミナルで予約

僕は前日にバスターミナルへ行ってチケットを購入しました。

バスターミナルにはALSA バスの専用窓口があるので、そこで買ってもいいですし、横に券売機もあります。僕は券売機で買いました。

 

チケットの値段

バルセロナーマドリード間の料金はいくらだったかと言うと、片道で32.11€でした。

約4000円です。夜行バスにしました。

 

券売機での購入方法

購入方法は簡単です。

出発地はバルセロナで固定されていたので、Madridと入力します。

 

候補が出てきますので、降りたいところを選択します。

往復なのか片道なのかを選択します。

 

次は人数です。

そして日付の選択です。

 

バスの時刻と値段がでてきます。

次は席の選択です。

 

あとはお金の支払いです。

クレジットカードを入れて決済すればチケットがプリントアウトされます。

 

保険等の項目もありましたが、無視して構いません。

 

スポンサーリンク

追記情報

窓口は22時で閉まってしまいます。

乗車時には電光掲示板で発着場所を確認します。

 

出発前に券売機の情報を確認しましたが、同じバスの空きはありませんでした。

最終バス(若干割高)のバスなら空きがありました。

 

いつ無くなるかはわかりませんので、前日に購入、もしくは当日の昼までには購入したほうが安全。週末だとどうなるかわかりません。

バルセロナノード駅は中心街から近いので、予定があれば立ち寄ってみたほうがいいと思います。

 

バスターミナル

無料トイレあり

バルセロナWi-Fiという無料Wi-Fiあり

券売機はギリギリまで使える。

 

スポンサーリンク

実際の移動

バスは22:30にはゲートに着いていた。ALSAのゲートは19-20と決まっている。2017年8月

バスは時間通りに出発。

 

トイレは着いていて、出発と同時に鍵を開けていた。

電源はなし。

 

バスにWi-Fiのマークはあったが、Wi-Fiは使えなかった。

途中、何ヶ所かで停車しほぼ時間通りにマドリードに到着。

 

マドリードのバスターミナル

マドリードのバスターミナルはメトロと直結しており、無料のトイレや売店などあった。

しかし、Wi-Fiが整備されていなく、インターネットに繋げることはできなかった。

 

運行情報

運行会社 ALSA

値段 32.11€

時間 23:00-06:30

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

レイルヨーロッパ


レイルヨーロッパはヨーロッパの鉄道の予約が日本語でできるサイトです。これで旅行前に事前に鉄道の予約ができます。日本の鉄道とは違いヨーロッパの鉄道は早めに予約するほうがお得です。

50.スペイン
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました