レンボンガン島へ行くローカルボートの乗り場とその料金

レンボンガン島へローカルボートで向かう

レンボンガン島へ行くにはローカルボートが一番安いです。

ローカルボートで行こうとした時の記録です。

 

スポンサーリンク

ローカルボートの値上げ

見事に値上げされていました。

以前はローカルボートは75000ルピア(約630円)だったのが、2017年では片道10万ルピア(約830円)に値上げされていました。

 

しかもローカルボートがあるのは週に3回ということだった。

月曜、水曜、金曜だといっていた。あとは不定期にあったりなかったりするらしい。

 

スポンサーリンク

スピードボートの値段

スピードボートはかなりの本数があるのと、それに加えてかなりの会社があるので、行って船がないと言うことはまずない。

 

よほど変な時間に行かない限り。

僕が行った日は火曜日なので船はなかった。

 

スピードボートは片道20万ルピア(約1660円)でした。

こちらも値上げされていました。

 

ここらで船を出している会社はたくさんあるので、他のところも聞いてみた結果、15万ルピア(約1300円)で運行している会社あり。

というか、結構割引してくれる。

 

 

最安値て15万ルピアだった。

あと少し船に乗せたいとかそういうので値段は変わる。

 

往復チケット買うなら、安くするとかもあった。

 

スポンサーリンク

運行時間帯

下記の時間帯なら、30分に一本はどこかの船会社が運航しているので、待ったとしても1時間以内には出発することができる。

サヌール発

7:00-17:30

 

レンボンガン発

7:00-16:30

 

上記の時間なら何かしら船はある。

時刻表はあってないようなものだ。

 

船の人数が揃わなければ、乗れるだけ乗らせようとするし、出発の目安でしかない。

 

 

 

海外旅行にお勧めのサイト

スカイスキャナー

僕は飛行機の予約は基本的にスカイスキャナーを使っています。複数の比較サイトを見ていた時期もありましたが、何だかんだで最安値を見つけるにはスカイスキャナーが一番安かったです。

スカイスキャナーでまずは値段を調べてみて、それよりも安いかどうかで判断していますので、まずはスカイスキャナーで調べてみることをお勧めします。



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

そして、こちらでは人気のトラベル用品を紹介しています。是非、最新の便利グッズを見てください。

14.インドネシア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました