【560円で2ギガ】ボリビアのウユニでSIMカードを購入する

ボリビアのSIMカード

ボリビアのウユニでSIMカードを購入しました。

インターネットで調べた情報とだいぶ違ったので、2018年の情報を記します。

 

スポンサーリンク

SIMカードの値段

ボリビアのSIMカードは激安です。

特に空港で買うよりもだいぶ安いです。

 

僕はウユニの街で15ボリ(約240円)で購入しました。

 

データプラン

データプランの料金はよくわかりませんでしたが、2ギガ欲しいとショップに伝えると20ボリ(約320円)と言われました。

SIMカードの値段と合わせて35ボリ(約560円)で購入しました。

 

購入に必要なもの

特にありませんでした。

パスポートも見せたりしませんでしたし、お金を払って終わりです。

 

アクティベーションについて

僕は全部ショップの人にやってもらいました。

アクティベーションのために電話をかけたり、番号の入力が必要のため、自分でやるよりショップでやってもらったほうが安心です。

 

この時に設定をするのに携帯の言語はスペイン語にしておいたほうが素早くできます。

 

どこで購入したのか?

僕はウユニの街のカテドラルとクロックタワーの間にある携帯ショップでやってもらいました。

普通の携帯ショップで【tigo】というキャリアのマークが貼ってあるお店に入ってSIMカードを買って、2ギガデータプランと言ったら全てやってくれました。

 

スポンサーリンク

まとめ

ウユニの街はめちゃくちゃWi-Fiが遅いので、SIMカードは買ったほうが良い。

特に安宿のWi-Fiは遅くてイライラするので、560円で2ギガも使えるなら早めに買ったほうが良いと思いました。

 

【追記】Wi-Fiが早いカフェ

SIMカードを買う前にはHot coffee houseというカフェがWi-Fiが早かったです。

 

早いと言ってもウユニの中では早いレベルです。

それでも漫画などは見ることができました。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

68.ボリビア
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました