エルカラファテの市内から空港への行き方

エルカラファテ市内から空港までの行き方

エルカラファテから空港までの移動方法を現地で調べたので記載しておきます。

 

インターネットで調べても出てこなかったので、もし行かれる方は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

街から市内までの移動方法

エルカラファテ市内から空港までの移動方法はタクシー・バス・シャトルバスになります。

 

タクシーの値段

タクシーは街から空港までは450ペソ(約2500円)、空港から市内までは480〜500ペソ(約2800円前後)になります。

空港から市内のほうが若干高くなる傾向があります

 

バスでの移動

バスターミナルから出発しているバスは1人180ペソ(約1000円)になります。

3人以上ならタクシーがお得になります。

※バスターミナルは新バスターミナルから出発しています。

旧バスターミナルから移転しました。

新バスターミナルは2018年2月時点ではグーグルマップに反映されていません

新バスターミナルはCyan Calafate Hotelの近くになります。

 

シャトルバス

僕はこれを利用しました。

宿で頼んだシャトルバス。

 

エルカラファテの宿を回って空港まで行きます。

値段は1人130ペソ(約720円)でした。

宿まで迎えに来てくれるので、かなり楽でした。

 

空港まではタクシーであれば30分もかかりませんが、シャトルバスだと全ての人を宿までピックアップしたから向かうので1時間前後かかりました。

 

スポンサーリンク

エルカラファテの空港情報

エルカラファテの空港はフリーWi-Fiがありました。

とても綺麗な空港ですが、小さいです。

2018年現在ではプライオリティパスが使えるラウンジはありませんでした。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

70.アルゼンチン
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました