TOEICを800点まで伸ばさないといけなくなったので勉強方法について考察してみる

スポンサーリンク

TOEICを800点まで伸ばすには

僕は会社に入るためにTOEIC800点のスコアをとらないといけなくなった。

間近に受けたTOEICの点数は550点である。

そのためTOEICの点数を伸ばすために調べたことを記録します。

スポンサーリンク

TOEICのスコアを高めるには

調べたところ、TOEICの点数を伸ばすには方法がある。

そして、勉強方法もできれば効率よくしたい。

そのためにはまずは現状分析だ。

リスニングとリーディングの現状分析

自分の中で、何で間違っているのか自己分析してみた。

リスニング

  • 聞き取れない
  • 単語の意味がわからない
  • 速すぎて、何を言っているかわからない

リーディング

  • 単語の意味がわからない
  • 文法が間違っている
  • 品詞がわからない
  • 長文になるとわからない

これを考察すると絶対的に単語力が足りないんだと思った。

TOEICに限らず、単語の9割が分かれば、あとの1割は推測で意味がわかる。

TOEICで点数が取れない人の傾向

まずは効率的に勉強する上で必要なのが、経験者の考えです。

それをインターネットで情報を集めると、下記のような情報が多かったです。

単語の絶対量が少ない。単語が分かれば、意味が推測できる。
日本語は文の構成の順番は重要ではない。が、英語は順番が大事。
インプットが少ない。知っている表現しかアウトプットできない。

このような情報が多かった。

つまり単語力が上がれば、ある程度まではTOEICの得点はあがるんじゃないかと思った。

ちなみに僕の点数は550点で、文法は大学を卒業できているので、中学までの文法ならだいたいわかるレベル。

500点クラスの人は、最低限の文法はわかっているが、細かいところや完璧ではないと思う。

そのため、今回は単語力を増やす事に重点を起き勉強をしてみた。

使った教材はアプリがメイン

単語帳でもいいが、スマホならいつでも持っているし、アプリなら楽しく学べるものもある。

僕は究極英単語というiPhoneアプリを持っていたので、それをひたすらやった。

一日単語だけで2時間はやった。

あと文法はこの本で勉強した。

特にTOEICは点数をあげるテクニックというものが存在する。

それを使えば、効率よく点数をあげることができる。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存