【磁気不良】エポスカードを再発行しようとしたら即日発行できた

エポスカードが急に使えなくなってしまいました。

いろいろ考えた結果、ネットでは使えたので、磁気がやられているのと思いました。

 

エポスカードの再発行

エポスカードのカードデスクに電話しました。

そうするとカードを取り替えますとの事でした。

 

僕の選択肢は2つあって、郵送でカードを送ってくれる、マルイで再発行するの二つです。

郵送では、時間が1週間くらいかかるそうですが、無料でしてくれます。

 

マルイでの再発行も無料ですが、マルイまで行く必要があります。

ちょうど翌日にマルイのある横浜まで行く予定もあったので、マルイのカードデスクで再発行する事にしました。

 

スポンサーリンク

クレジットカードの再発行

クレジットカードなどの再発行ではカード番号が変わったりすると、登録している所に全て連絡しなくてはならないが、今回の再発行ではカード番号などは全く同じということ。

 

これはめちゃくちゃ便利です。

僕はAmazonや楽天などのネットショッピングや光熱費の支払いはエポスカードで支払っているので、クレジットカードの番号が変わるとすべて登録しなおさないといけないので、大変なのですが、番号がかわらないのは有難いです。

 

マルイで再発行する

実際にマルイに行ってカードを再発行してきました。

 

まずは近くのマルイに行きます。

僕は近場が横浜なので、そごうの横にあるマルイに行きました。

エポスカードセンターがマルイにあるので、受付で場所を聞いて行きました。

 

ここで、整理券などをもらい受付するのですが、昼の時間帯だったのですぐに対応してくれました。

 

古いカードを見せて、再発行の手続きをするのに要した時間は約5分でした。

 

カードは即日発行と言われましたが、受付してから5分後に新しいカードが再発行されました。

 

再発行までは15分もかかりませんでした。

最後にカードを受け取って署名をして終了です。

 

スポンサーリンク

まとめ

エポスカードの再発行はマルイのエポスカードセンターでやると即日発行で無料ですることができる。

所要時間は混み具合によるが、空いていれば15分程度で終了する。

 

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

クレジットカード
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました