【お勧め】国内・海外旅行対応ドライヤーとその使い方

スポンサーリンク

海外旅行に行ったときに残念に思うのがドライヤーです。

せっかく良いホテルに泊まったのにドライヤーがしょぼかったり、一昔前のドライヤーだったりします。

それならいっその事、ドライヤーは日本から持って行っちゃいましょう。

それほどドライヤーは必需品なのです。

ドライヤーは必需品

海外に持っていった方が良い物の中にドライヤーがあります。

海外製品のドライヤーでも問題ないのですが、やはり日本製品とは違います。

スポンサーリンク

日本のドライヤーを持っていっても使えるのか?

日常で使っているドライヤーはほぼ使えません。

それは海外と日本では電圧もコンセントの形も違うからです。

それなら変圧器と変換プラグがあれば使えるのか?と思うかもしれませんが、ほぼ無意味です。

詳細を知りたいのなら、こちらで詳しく説明していますので、ご覧ください。

海外で日本のドライヤーを使うなら海外対応のが必須

日本のドライヤーの中には海外で使えるドライヤーがあります。

しかも、風圧も強力な物が多いです。

やっぱり日本製品は良いと思えます。

海外対応のものは海外対応と書かれているか電圧を見てみればわかります。

国内専用なら電圧は100Vと書かれています。

海外対応なら、電圧は100V-220Vもしくは200Vと書かれていますので、わかりやすいです。

ドライヤーの使いみち

海外では髪を乾かす以外にもドライヤーの使い道があります。

それは洗った洋服を乾かすのに使います。

急な雨で靴下や靴、洋服がが濡れてしまえば乾かすのにも使えますし、リゾート地なら水着を乾かすのにも使えます。

プールに入った次の日に海に行きたいので、水着を着て行きたいが、海まで濡れた水着を着ていくのは嫌ですよね。

そんな時に風力の強いドライヤーがあれば余裕で乾かすことができます。

お勧めのドライヤー

海外旅行にお勧めのドライヤーがあります。

コンパクトで風力も強力なイオニティです。

これは海外だけでなく、日本でも使えます。

しかもコンパクトなので、カバンにも入ります。

海外には荷物になるからドライヤーは持って行きたくないと思っている人もいますが、これはコンパクトなので、そこまで荷物にもなりません。

更に国内でも利用可能なので、国内旅行の時に持っていくセカンドドライヤーとしても使えます。

メインで使ってるドライヤーは大きくて、持ち運びたくないし、壊れたら嫌と思っている人もセカンドドライヤーなら持ち運びしやすいです。

海外旅行のためにドライヤーを買うとなると、年間1回行くかどうかの旅行にドライヤーなんて買いたくないと思うかもしれませんが、国内旅行兼用なら買いやすいでしょう。

更に言うと、そんなに高くないんです。

海外対応ならめちゃくちゃ高いと思うかもしれませんが、値段は5000円以下です。

安いのなら2000円以下でもありますが、お勧めなのはイオニティです。

楽天でも売っています。

パナソニック イオニティ

安いのは使ったことがないので、レビューができないですが、持っているイオニティなら自信をもってお勧めできます。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存