知っておくべき情報!国際線は100mlしか液体を機内に持ち込めない!

スポンサーリンク

飛行機に乗る前に知っておくべき事に液体の持込制限があります。

国内線と国際線で基準が違いますが、国際線のほうが圧倒的に厳しいです。

 

国際線の持込制限はどのくらい?

国際線の液体の持込制限は1個につき100mlです。

容量が100mlなので、注意が必要です。

 

例えば、化粧品を持ち込もうとして、容量が120mlで半分くらい使っているので、明らかに100ml以下だから大丈夫でしょ!!と思って持ち込んだとしても、容量の記載が120mlなので、持ち込むことはできません

 

スポンサーリンク

液体って言うけど、どこまでが液体?

液体と記載されていない物については判断が分かれると思います。

例えば、ゲル状のワックスや保湿クリームなどは、どちらに分類されてるのでしょうか?

 

正解は、液体に分類されます!

 

そのため、大容量の日焼けクリームや保湿クリームなども100ml(もしくは100g)を越えてしまうと、飛行機に持ち込む事はできません。

※飛行機の預け荷物には大丈夫です。

 

注意すべき品目

下記の物も液体に分類されます。

特に国際線で間違えが多い品目です。

  • 味噌
  • 漬物
  • フルーツの瓶詰めなど
  • 缶詰など
  • ヨーグルト
  • ゼリー
  • シャンプー
  • リンス
  • ボディソープ
  • ヘアクリーム
  • 日焼けクリーム
  • 歯磨き粉
  • 豆腐などの水分の多い食べ物

 

容量オーバーの物や液体を持ち込んだらどうなるの?

容量オーバーや液体のものを持ち込もうとすると保安検査場で引っ掛かります。

これはX線検査で見つかります

保安検査場では、液体は別に出すのですが、バッグの中に入ってても、わかります。

 

もし、液体や液体に準じる品物があった場合は廃棄となります。

例え高価なものであっても廃棄になります。

気をつけておきましょう。

 

スポンサーリンク

液体の機内への持込方法

機内へ持ち込む時は荷物検査を通らなければなりません。

透明なジップロックに入れて、サイズは20cm×20cmとありますが、実際には結構適当で大丈夫です。

 

日本の空港では手荷物検査前に袋が置いてあるところもありますし、必ずしもジップロックでなくて大丈夫です。

僕はいつも赤い透明なケースに入れていますが、これで何かを言われたことも無いです。

 

バッグの中に液体を入れたままの時もあります。

この場合はバッグから液体を出して再度検査します。

 

必ずしもジップロックに入れる必要はないですが、再検査になり時間がかかるので、推奨されているやり方が1番です。

 

推奨されているやり方

  • 透明なジップロックに入れる
  • サイズは20cm×20cm
  • 1個の容量は100m(g)まで
  • 全てを1つにまとめる

これで完璧です。

 

スポンサーリンク

まとめ

国際線で液体を持ち込む時は注意が必要です。

推奨されているやり方以外でも大丈夫ですが、推奨されているやり方だと時間が短縮できる。

 

ジップロックや容量が100mlのボトルは100円ショップで買える。

100円ショップのものでも大丈夫ですが、飛行機では気圧の変化があるので、しっかりキャップが締まっているか確認して下さい。

たまに漏れますので。

 

絶対に漏れないようにしたいのなら、ちょっと高いですが、旅行用のボトルを買いましょう。

Amazonで簡単に買えます。