【Theアクセス】東京駅から成田空港まで高速バスで移動した時の乗車レポート

スポンサーリンク

成田空港へ行くには何が良いか考えたところ、電車よりもバスが良いと思う。

運行会社は2つあって、JRバス(Theアクセス)と京急バス(東京シャトル)だ。

 

東京駅から成田空港へはバスがお勧め

僕が東京駅から成田空港までバスを薦めるのには理由があって、それは料金が安いし、ターミナル1~3の目の前まで行ってくれるので、とても便利だからです。

電車だとキャリーケースを持って移動しなければならないし、意外と駅の階段やエスカレーターが大変なんですよね。

それが、ないだけでもバスが有利な点だと思う。

 

スポンサーリンク

JRバスと京成バスならどちらがお勧めなのか検証してみた

こちらの2つの違いは値段と乗車場所です。

それ以外はほぼ変わりがありません。

 

値段は京成バス(東京シャトル)のほうが100円安い

両社とも当日料金は変わらずの1000円です。

ただ京成バスは2日前までの予約なら900円で予約することができます。

 

予約なしでも乗れます。

 

乗車場所はJRバスのほうが駅に近い

乗車場所に関してはJRバスのほうが圧倒的に良いです。

JR東京駅の八重洲南口から徒歩で2分以内で乗り場まで到着します(というか出口の目の前です)。

雨の日でも濡れずに行けるのが良いです。

 

京成バスの乗り場はこちらです。

 

スポンサーリンク

実際の乗車記録

上記で違いがわかったところ、JRバスの予約をしました。

2日前以降なら京成バスという選択肢もありましたが、予約を取ろうとしたのが前日だったため、乗車場所が駅から近いJRバス(Theアクセス)に決めました

 

バスの予約はスマホで簡単にできる

バスの予約はスマホで簡単にできました。

必要事項を記入して、バスの時間を選択するだけです。

 

支払いはクレジットカードのみでした。

予約はこちらのサイトでしました。

 

予約後に登録したメールアドレスに予約表と乗り場の地図のURLが記載されていました。

このメールが予約表になります。

 

スポンサーリンク

乗車当日のスケジュール

僕は9時半のバスに乗るため、東京駅には9:10に到着しました。

ちょっと早くつきましたが、乗車場所がわからないかもと思い、少し早めに行きましたが、実際はめちゃくちゃわかりやすかったです。

 

予約メールのURL通りに行ったら、到着は9:15にはバス乗り場に到着しました。

乗り場は7番乗り場でした。

 

Theアクセスのバスを待つ

バスは予約した人の列車と当日チケットを購入する人の列にわかれていました。

手前の列が予約者で、奥に並んでいるのが予約をしていない方々です。

明らかに予約しているほうが少ないです。

ちなみに今回は、この並んでいる人々は全員乗れていました。

 

近くにスタッフがいるので、予約メールを見せれば良いだけです。

予約メールをみせると引換券と交換してくれます。

 

ちなみにTheアクセスは予約なしで当日乗車することもできます。

席数は30席ほど当日乗車のためにあけてあるそうです。

当日に乗る人は現金もしくはICカード(スイカやパスモ)での支払いです。

この時は10分毎にバスがありました。

 

僕が乗った日は当日乗車でも出発の5分前の9:25までにバス乗り場に到着した人は全員乗れてました。

ちなみに僕が乗った日は月曜日の祝日でした。

 

バスが到着時刻の10分前に到着

バスは出発時刻の10分前の9:20に到着し、予約した人から優先的に乗車しました。

スーツケースなどの大型荷物がある場合は預ける事ができます。

その後、予約確認カードを見せて乗車します。

 

当日乗車の人は予約した人が乗り終わったら、乗車開始です。

料金はバスの中で支払います。

支払いは現金もしくはスイカなどのICカードです。

 

1万円でも支払い可能でしたが、お釣りがない時もあるらしいので、その時は次のバスに回される可能性もあるそうです。

 

バスは定刻通りに出発

バスは定刻通りに東京駅を出発しました。

バスの中には無料Wi-Fi(登録必須)と電源がありました。

スマホを充電しながら、Wi-Fiに繋げたので良かったです。

 

バスは成田空港に到着

バスはほぼ定刻通り(3分くらい早かった)に成田空港に到着しました。

到着順はターミナル2→1→3の順に着きます

 

ターミナル3に急いで行きたい人はターミナル2で降りて、走ってターミナル3に行った方が早く着くと思います。

ターミナル2からターミナル3は近いですが、バスはターミナル2に停まって、ターミナル1を経由して、ターミナル3に行くので、少し遅くなります。

 

スポンサーリンク

まとめ

京成バスを使った事もあるのですが、Theアクセスのほうが東京駅から近いので、こちらのほうが個人的には好きです。

重い荷物を持って移動しなくて良いのもポイントです。

 

また、予約は基本的にしたほうが良いと思いました。並ばなくてよいのはそれだけでポイント高いです。

 

帰りもバスが便利でした。

バスは京成バスとJRバスが各20分毎に運行しているので、実際はバスは10分に一本の割合であります。

各ターミナルの乗り場はこちらで詳しく説明があります。

http://accessnarita.jp/jp/busstop/

 

今回は東京駅と成田空港までの往復の移動でした。

この時は成田から韓国へ行ったので、その時の記録はこちらです。

ジンエアーに乗って韓国ソウルへ行く時のレポートとお役立ち情報
LCCのジンエアーに乗って韓国のソウルに行ってきました。 ジンエアーについてはいろいろと情報がありましたが、実際の詳細レポートをしたいと思います。 成田空港に到着!ジンエアーの・・・続きを見る