ハワイにこれだけは持って行った方がいいもの10選

 

ハワイに持って行って良かったもの

海外旅行は考えただけでもワクワクしますよね。

しかも、憧れのハワイとなるとテンションMAXです。

 

ここではハワイに持って行って良かったものを書きます。

※パスポートなどの必需品は除きますので、そこはご注意を。

 

スポンサーリンク

大き目のスーツケース

行きはそんなに荷物がなくても、帰りはお土産をいっぱい買い込んでしまいます。

自分のお土産だけでなく、友人や家族にお土産を買うと思いますので、できるだけ大きいスーツケースにしましょう。

ツアーで行くなら、JALやANAなら常識の範囲内のスーツケースなら無料で預かってくれますので、自分の持っている最大限のスーツケースを持っていきましょう。

 

スポンサーリンク

クレジットカード

あえて、書きました。

クレジットカードは旅行保険付きのものもあります。

ほとんどがクレジットカードの保険でまかなえてしまいます。

そして、ほとんどのショップでクレジットカードが使えますので、現金は少し。露店などで使う分だけ現金を持ちましょう。

 

クレジットカードで決済しておけば、盗まれる心配もそんなにおおきくなりません。

 

スポンサーリンク

最新のガイドブック

ガイドブックは持っていかない人はいないと思いますが、できれば最新のガイドブックを持っていきましょう。

ハワイで流行ったものが日本で流行ると言われるくらい、ハワイでは可愛いもの・おいしいものがあります。

数年前のガイドブックでは流行おくれになってしまうので、どうせなら新しいガイドブックで流行の最先端を行きましょう。

 

スポンサーリンク

サングラス・日焼け止め

ハワイは日差しが強いです。

日本ほど湿気がないので、嫌な暑さではないですが、それでも日中、太陽の下にいたら体が焼けてしまいます。

体を労わるという意味でも、日焼け対策は必須です。

 

スポンサーリンク

お風呂セット

お風呂で使うシャンプーやリンス、ボディーソープなどは日々使い慣れているものが一番です。

海外製品だと髪がゴワゴワになってしまったりした経験があるひとも多いと思いますので、日本から持って行っても、そんなに量にならないので、持って行った方がいいですよ。

ちなみにドライヤーだけは電圧が違うので、使うことができませんので注意してください。

 

 

スポンサーリンク

レジャーシート

意外と使えるのがレジャーシート。

海に行ったときに、荷物をそのまま置いておくのも不安。

レジャーシートがあれば、荷物を砂浜に直におかなくてもよいです。

 

スポンサーリンク

ワイヤーロック

レジャーシートとあわせて、そこらへんに括り付けておけば、まず盗まれる心配はないでしょう。

一応、南京錠なども使っておけば大丈夫。

念には念を入れておくことが、嫌な思いをしないポイントです。

 

スポンサーリンク

マスク

ハワイで何が困るって、行き返りの飛行機が物凄く乾燥しているってことです。

しかも、8時間という結構な長時間乗っているので、乾燥対策にマスクは必須です。

ハワイに着いたら、喉が痛くて思いっきり楽しめないなんて嫌ですからね。

 

体調管理は万全に。

 

スポンサーリンク

空気枕(エアーピロウ)

行きの飛行機では、だいたい日本を夜に出発します。

寝て起きたらハワイって感じですが、ここで熟睡できると翌日がものすごく楽しめます。

テンションで乗り切ることも可能ですが、できるだけ疲れを残さないように熟睡できるように必要です。

 

スポンサーリンク

アイマスク

これも周りの明かりを遮断するために必要です。

少しでも寝れるようにしましょう。

これに耳栓もあれば、完璧です。

 

 

どうですか?ちょっと偏ってしまいましたが、必要だと思うものを羅列しました。

他にも必要な物はもちろんありますが、無いものは現地で調達しましょう。

 

日本から持っていくこともできますが、どうせなら現地のものを買ったほうが思い出になりますし、楽しいですよ。

友達とお揃いで購入したり、同じTシャツで街に繰り出したりと楽しいですよ。

せっかくの旅行なので、散在して思い出を買ってください。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

ハワイ旅行
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました