Can’t use function return value in write context in と表示された時の対処方法

スポンサーリンク

WordPressでテーマをいじっている時に、急に【Can’t use function return value in write context in~】と表示されてしまいました。

自分のせいですが、この時の解決法を教えます。

 

テーマの変更したら急にアクセスできなくなった

僕はWordpressでSimplicityからCocoonにテーマを変更しました。

Cocoonの子テーマに変更した時です。

 

急に【Can’t use function return value in write context in~】と表示され、Wordpressにアクセスできなくなりました。

僕はPHPなどの知識は全くありません。

 

めちゃくちゃ困りましたね。

この時の解決した方法をシェアしときます。

 

スポンサーリンク

原因はPHPのバージョンが低いから

原因はPHPのバージョンが古いから起こる現象でした。

調べるとエラーが表示される理由としては、PHPのバージョンが5.5より下で、empty()関数の中に文字列を取得するような関数を入れている場合に発生するということがわかりました。

 

解決方法

これはサーバーでPHPのバージョンをあげることによって、解決できます。

 

僕はミニバードを使っているので、まずはログインし【サーバー管理ツール】へいきます。

ログインすると【PHPバージョン設定】という項目があるので、それでPHPのバージョンを最新のに変えれば解決します。

 

スポンサーリンク

解決方法が事前に知っていれば良かった

上記のPHPが原因でしたが、そんな事は最初はわからなかったので、僕がした応急処置です。

PHPのバージョンをあげる前にしたことは、サーバー側で【FTPアカウント設定】で【WebFTP】にログインして、テーマを変えたことによって起きるエラーだったので、テーマを削除しました。

 

WebFTPで【wp-admin】→【themes】→【cocoon-child-master】ときて、問題のテーマであるcocoon-child-masterを削除したら通常のWordpressにもどりました。

 

その上で、先ほどのPHPのバージョンがおかしいと気づいたので、PHPのバージョンを変更して、再度テーマをインストールしました。

これで解決しました。

 

最初はめちゃくちゃ焦りました。PHPのバージョン管理はしっかりしましょう。