世界一周中に稼ぐ方法!もし2度目の世界一周へ行くなら僕はこれをして行く

世界一周をする時に海外でも稼ぎながら旅が出来たら良かったのに!と思う事が多々あります。

今ではアジアでなら生活できるくらいはネットで稼いでいますが、世界一周している時に稼げれば良かったと思います。

 

こらから紹介する方法は、今の知識があった状態で2度目の世界一周に行くなら、このような稼ぎ方があるという事です。

 

稼ぎながら世界一周したい

世界一周していると気になるのが費用です。ずっと貯金が減っていくのは切ないですし、その減っていくスピードが少しでも遅くなれば良いと思い、少しでも稼ぎたいと感じている人も多いはず!

 

スポンサーリンク

海外にいても稼ぐ方法を紹介

専門知識とインターネット環境があれば稼ぐ事は可能です。

ただみんなが専門知識があると言うわけではないので、知識がゼロの状態から稼ぐようになるには?という観点で紹介したいと思います。

 

ブログを運営する

僕はこの方法を使いました。ブログは資産になります。

広告を貼ったり、アフィリエイトをしたりすれば、いくらかお金が定期的に入ってきます。

 

ただ、ハードルはめちゃくちゃ高いです。

人気ブロガーにならない限り収入は少ないです。時給換算すると時給80円なんて事もあります。ただ当たるとデカイです。

僕は日本に帰ってきてからでも毎月5万以上は稼げてますので、資産になるという点ではお勧めです。

くれぐれも世界一周して稼いだ方法なんて情報商材は絶対に買わないでくださいね。あれはコンサルや情報商材を売って、お金を稼いでいるので、信頼度は低いです。

稼いでいるのなら、そんな方法使わないで自分で稼ぎますので。

 

それでもコンサルを受けたいと思っている、情報商材を買いたいと思っている人は、買おうとしている人のブログのアクセス数を調べてみてください。SimilarWebというサイトでだいたいのアクセス数を調べることができます。

URLを入れてみて、トラフィック概要というところでアクセス数がカウントできていないようなら、相当アクセス数が少ないサイトになります。

アクセス数が少なくても稼げているサイトもありますが、アクセス数が少ないサイトよりアクセス数が多いサイトの方が信頼できます。

 

もし、ブログを運営するには、独自ドメイン+レンタルサーバー+ワードプレスで作るのをお勧めします。エックスサーバーを使えば、無料で独自ドメインも取得できますし、ワードプレスも無料でインストールできます。コストは月額1000円くらいです。

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

もし、わからないならググってください。

とりあえずhpというソフトもあり、こちらの方が簡単に作れます。月額は約3000円ですが、サポートもしっかりしています。

専門知識は不要!プロ級の美しいホームページがつくれる【とりあえずHP】

クラウドワークスで仕事を探す

クラウドソーシングを活用すれば海外でも収入を得ることができます。

オンラインで仕事を探す事ができ、1番有名なのがクラウドワークスですね。

 

ここでは記事を作成したり、自分に技能があれば稼ぐ事ができます。記事の単価は安めですが、初心者でもできる案件が多いのが特徴です。

 

僕はこちらで仕事を発注していますが、単価が安すぎるものはやめた方がいいです。

手取りで1記事(1500文字)500円未満の発注者がいますが、それは安すぎなので、やめましょう。文字単価0.3円以下は安すぎるのでやめておいたほうが良いでしょう。

受注側で仕事を受けても良いですし、僕のように発注者側でブログを運営するのも良いですよ。

 

治験で稼ぐ

イギリスで治験のバイトがあります。

特にイギリスでの治験は割が良く、1ヶ月で40万など高額案件があります。アメリカでも治験のバイトがありました。世界一周旅行者の中にはこれでお金を稼ぐ人もいます。

イギリスで有名なのはリッチモンド・ファーマコロジーというのが有名です。

 

特に日本の製薬はハードルが高いので、海外で日本人限定の治験が多く、報酬も高めです。僕の知り合いでもこれをやってお金を稼ぎ、旅に出た人もいます。

 

プログラミングで稼ぐ

プログラミングのスキルがあれば、世界中どこでも稼げます。

僕の現職との関係があり、よく思うのですが、エンジニアってめちゃくちゃ稼げるんでよね。しかも潰しがきくから、日本に帰ってきてからも引く手数多なんですよ。

 

旅に行く前にスクールでプログラミングを学んで、海外ではプログラミングでお金を稼ぎながら勉強して、日本に帰ったらエンジニアとして働くというキャリアを描いてたら、帰ってきてからの就職もめちゃくちゃ楽だったな!なんて思います。

今の日本は圧倒的にエンジニア不足で、プログラミングに力を入れています。無料体験のあるプログラミング教室もあります。しかも、オンラインスクールもあるので、海外にいる時間で勉強するのもお勧め。

複数の無料スクールで勉強してから、最終的に良い学校に入学するのもアリです。

お勧めの無料スクールはこちらです。

「学びながら稼げる」プログラミングスクール【Samurai】


無料レッスンでAmazonのギフト券まで貰えちゃいます。

 

プログラミングのオンラインスクールのCodeCamp


こちらも無料体験が受講でき、Webデザインまで学べます。プログラミングだけでなく、デザイン系で仕事を考えているならアリです。

 

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】


満足度が高い講座はこちらです。

 

他にもある稼ぎ方

他にも漢字を書いたり、写真を売ったり、芸をするなんてブログにはありますが、本当に稼げるとは思えません。

相当なスキルがあったら別ですが、このような方法って世界中の人がやっているんですよね。特にヨーロッパなんていったら、どこでも音楽家がいますし、その中で目立ってチップを貰うって相当な労力なんですよね。

確かにスキルがあれば、このような稼ぎ方もありす。では、スキルがない人はどうすればいいのか?それは安い金で雇ってもらうしかありません。

 

それが嫌なら、勉強なりして、稼ぐ方法を見つけるしかありません。稼ぐ方法って無数にあるので、ここに書いてある方法なんて一部です。

もし、世界一周を目指している人で旅に行っている間も稼ぎたい!と考えるのなら、プログラミングが1番良いと思います。無給のときも耐えられるならブログもお勧めです。

 

こちらのブログに書いてある事はストックビジネスを育てるのが大事だと書かれています。確かにそう思ったので、シェアしておきますね。

https://zerokaranotoushi.xyz/?p=29
https://zerokaranotoushi.xyz/?p=24

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

世界一周前準備
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました