海外旅行中にコンタクトレンズはどこに行けば買えるのか?

世界一周(海外旅行)しているときにコンタクトレンズが無くなったや洗浄液が無くなった時はどうするかを調べてみました。

glasses-272399_640

コンタクトレンズ関連のストックが無くなったら

コンタクトレンズを毎日使っている人はどうしていいか迷うと思います。

メガネを持っていればいいですが、慣れないメガネよりもコンタクトのほうがいいですよね。

数日間の旅行でしたら、我慢してメガネという選択肢も無くはないですが、できればコンタクトにしたい。

海外でコンタクトレンズを購入する方法もどこで売っているかもわかりません。

そんな時はどうすればいいのかを事前に調べてみました。

スポンサーリンク

海外のコンタクトレンズのクオリティ

mixing-desk-351478_640

購入する前に確かめておきたいのが、コンタクトレンズのクオリティです。

やはり目に入れるものですから、安全な方がいい。これは間違いないです。

失明の危険性があるなんて以ての外です。

いろいろ調べてみたところ、海外のコンタクトレンズのクオリティは特に問題があるという情報はありませんでした。

オプティフリーやワンデーアキュビューなども海外で購入することが可能だそうです。

レンズは怖いという人もケア用品が無くなってしまったという人もいるかと思いますが、日本で売っているケア用品も販売社は日本ですが、作製は海外なんてこともあるので海外製品は危険ってこともないと思います。

スポンサーリンク

どこで売ってるか

先進国では

アメリカやヨーロッパやオーストラリアなどのいわゆる先進国は大抵はドラッグストアやスーパーとかでコンタクトレンズ製品は売っています。

海外旅行へ行った時に見かけた人もいるかと思います。

アジアでは

アジアでは僕はスーパーやドラッグストアでコンタクトレンズやケア製品を見たことがありませんでした。

現地の人たちはどこで買っているか不思議に思いましたが、ドラッグストアに売っていない場合はメガネ屋に売っています。

僕が調べた所は、タイ、マレーシア、フィリピンなどはメガネ屋に売っているらしいです。特に日本と違って医者の診断書が必要だったりはしないので、現地でコンタクトレンズを測るか、普段自分の使っている強度を伝えましょう。

処方箋なしで作れるのはいいですね。

南米では

ブラジルなどではアジアと同じでメガネ屋に売っているらしいです。

アフリカでは

残念ながら、最新の情報はヒットしませんでした。2000年台は主要な都市でも売っていないとの情報がありましたが、それからだいぶ発展してきているので、現在の情報はわかりません。

もし、現在はこういう状況とかあれば教えてほしいです。

スポンサーリンク

世界一周中のコンタクトレンズについて

アフリカ以外であればコンタクトレンズのストックについては心配する必要はなさそうです。しかし、これは都市部での話なので、地方などはないところもありそうです。

できるだけ、ストックは持っていくのとメガネは常備するのが良さそうです。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

海外旅行ハック
スポンサーリンク
What will be will be
タイトルとURLをコピーしました