【レビュー】マカオ国際空港ではインターネットが繋がる無料Wi-Fiはあるのか?

マカオへ旅行してきました。

以前訪れた時とは違い、空港にもWi-Fiがありましたので、今回はマカオ空港のWi-Fiについてレビューしたいと思います。

 

マカオの国際空港のWi-Fi

マカオへは2019年に訪れました。

マカオ航空の便で成田から出発し、マカオへ到着しました。

空港にはWi-Fiがあり、入国審査あたりからWi-Fiを検索する事ができました。

 

スポンサーリンク

Wi-Fiのネットワーク名

Wi-Fiを検索する事ができましたが、実際にスピードがでるには入国審査が終わり、荷物をピックアップするところらへんまで、接続できませんでした。

 

接続できるWi-Fiのネームは【Airport-free-WiFi】でした。

 

フリーWi-Fiの接続方法

Wi-Fiにはロックはかかっていませんでしたが、ログインするには認証が必要でした。

ログインはAcceptのボタンを押せば良いだけだったので、簡単です。

メールアドレスの登録などは必要ありませんので、心配無用です。

 

フリーWi-Fiのスピードはどのくらい?

スピードは速いとは言えませんが、webページやLINE程度であれば問題ないです。

画像や動画などはやはり遅いと感じました。

 

実測値では、下り1.25Mbps、登り0.92Mbpsでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

Wi-Fiは使えない事はないがフリーWi-Fiは総じて遅い傾向があります。

事前に購入して使ったSIMカードを利用したほうが数段快適でした。

マカオに行く時はAmazonでSIMカードを買っていけ!空港は割高だから!
マカオに行くことになり、ネット環境を整えたくAmazonでSIMカードを購入しました。 そのSIMカードが

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

マカオ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました