トビリシからカズベギ山へ

スポンサーリンク

バスにてカズベギ山へ

トビリシからカズベギへ行くには、トビリシのマルシュールートカが集まっているディドゥベ(Didube)というところに行かなければならない。

※トビリシはティフィリス(Tifils)と言われたり、カズベギはカズベキと呼ばれたりするが、実際はKazbegiである。

Didubeのバズ乗り場への行き方はメトロで行くことができる。Didube駅で降りたら、改札を出て階段を降りて進行方向の左側へ行く。グーグルマップで見たらここを目指す。

スポンサーリンク

乗り合いバスの料金

カズベキへは通常10ラリ(約450円)で行ける。これはマルシュルーツカの値段だ。

この他にタクシーや乗り合いでシェアして行くこともできる。一番安いのはマルシュだが、僕のお勧めは乗り合いで行くことだ。

値段は15ラリ(約700円)と少し高いが、途中の観光地(見晴らしのいいところ)で停まって写真撮影をしたりしていいので、たった250円くらいならこの値段を支払って、観光したほうが良いと思った。

所要時間

だいたいカズベギまでは2時間半かかる。僕が実際に行った時は行きも帰りも2時間半かかった。

スケジュール

宿のスタッフに聞いた話によると1時間ごとにDidubeからカズベキへマルシュがでている。この他に人が集まったら出発する乗り合いもある。僕は朝の8時半に到着した。人数が8時50分に集まっていたのでそのまま出発した。僕は乗り合いで行きました。

Didubeのその他のバス

ここから各地方への乗合バスが出ている。カズベキ、バトゥミ、コーサリ、クタイシなどだ。値段を調べたのは次に行くクタイシだが、クタイシへは10ラリで行くとのこと。

実際の道のり

途中に天然ガスを入れたり、眺めが良いところで写真タイムとただの移動だけではなく、よかった。

そして軍用道路が有名であるが、ぶっちゃけただの道だったのは残念だった。軍用道路というくらいだから、何かあるかと期待していたが、普通だった。

でも、景色はめちゃくちゃよかった。最初はただの山道だったので、四国のようなところかと思ったが、カズベキに近づくにつれて景色は変わっていった。

カズベキ村に到着

カズベキ村のバス停に到着。場所はここだ。

着いた瞬間に宿泊施設の勧誘がある。

だいたい1人一泊20ラリ(約900円)くらいが相場っぽい。僕らはアゴダで予約していたので、予約があると言ったら、引いていった。

トビリシに戻る

僕は翌日の朝1番の便でトビリシまで戻った。翌日にそのままアルメニアに行くためだ。

帰りもこの到着したところからトビリシまでも乗合バスがででいる。

時間は下記の通りだ。

  • 7:00
  • 8:00
  • 9:00
  • 10:00
  • 11:00
  • 12:00
  • 13:30
  • 14:00
  • 15:30
  • 17:00
  • 18:00

カズベキへ日帰り観光

カズベキへは日帰りでも十分観光可能です。

午前中の9時のバスに乗り、12時前にカズベキ到着。

それから昼ごはんを食べて、教会までハイキング。ハイキングは登り1時間半帰りは45分くらいです。もちろんタクシーを使えば更に短縮可能です。

3時間半くらいみておけば大丈夫。

17時のトビリシ行きのバスを目標にすれば、トビリシへは20時前には到着できます。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存