台風で飛行機が欠航になったら保険はおりるのか??

最近は台風が多いですね。

台風などを含めて、飛行機に遅延や欠航があったときには保険でどの程度保証されるのでしょう?

保険対応なら、どのような状況の時に保証内容に入るのか?航空会社ではどのように対応するのかについて調べてみました。

airport-1543008_640

飛行機の遅延や欠航は海外保険で補償される?

飛行機の離発着は天候に左右されやすく、台風や風の影響をうけやすいです。

飛行機が欠航した場合など、空港に足止めされる可能性もあり最悪は延泊しなければならないといったこともあります。

この場合は、旅行保険に加入していると保険金がおりる場合もあります。

遅延や欠航の際に保険金がでるものを航空機遅延費用といいます。

スポンサーリンク

航空機遅延費用はどういった時の補償か?

航空機遅延費用というのは、飛行機が欠航してしまうと、予定地に着くことができなかったり、帰ってくることができなかったりして、余分に宿泊しなければならなかったり、待機中に食事をとったりすると費用がかかります。

また、飛行機が動いていなくても電車やバスが動いていたら、そちらに代替して帰るすることが可能であれば、帰ってきますよね。

それでもやっぱり費用がかってしまうので、この保険に入っていると、このようなときに保険金がでます。

要は飛行機が遅延もしくは欠航してしまい、そのために発生してしまった費用を補償することができる保険です。

保証対象はどのような時か?

補償の対象となるケースは主にこの2つです。

  • 搭乗予定の航空機が6時間以上の出発遅延、欠航、運休があった場合、搭乗の予約受付の不備で搭乗ができなかった場合、または搭乗した航空機の着陸地変更で、6時間以内に代替の航空機を利用できない場合
  • 搭乗した航空機の遅延、欠航、着陸地変更で乗継を予定していた航空機に搭乗できず、乗継地への到着時刻から6時間以内に代替の航空機を利用できない場合

目安となるのは6時間です。

この6時間以内に代替え機もしくは遅延の解消がされなければ補償の対象となります。

補償金額はいくら?

補償金額は保険内容によりますが、だいたい2万円までという内容が多いです。

詳しくは加入している保険会社に確認してみましょう。

保険に加入していなかったら?

保険に加入していなかったら、保険金はでません。

しかし、飛行機の欠航であれば航空会社が代替え機の用意もしくは払い戻しを受けることができます。

台風などで全便が欠航していたら無理ですが、その便だけの欠航(機器トラブル等)では他社便に振替してくれる航空会社もあるらしいです。

これは調べてみましたが、ANAやJALといった大手航空会社ではこのような対応をしてくれるところが多く、LCC等では自社便の振替もしくは払い戻ししか対応してないところもあります。

僕も飛行機に乗って、救護人が出たため引き返して乗継便に間に合わなかったことがあります。

この時は代替便を用意してもらったのですが、翌日になってしまったため航空会社でホテルを用意してもらいました。

飛行機遅延とはちょっと違いますが、この時のことも記事にしているので、リンクを貼っておきます。

救護人のため遅れたフライトはどうなるのか?
先日の記事でフライト途中で救護人が出てしまい、フライトが定刻に着かない場合、乗継...

ちなみに、飛行機遅延費用について無料で発行されているクレジットカードでは加入できるものはありません。

僕がお勧めするのはセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードです。

年会費は1万円かかってしまいますが、飛行機遅延費用では3万円まで、手荷物遅延費用は10万までとクレジットカードの中では最高ランクの保障があります。

他のクレジットカードでも、同じようなランクもありますが、年会費が全然違います。

1万円でこれほどの保障は他にありません。

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾン・アメックス|SAISON AMEX)公式サイト。当サイトではセゾン アメックス(SAISON AMEX)カードの新規ご入会、カードの機能・特典、キャンペーン情報を詳細にご案内します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
楽天