台風で飛行機が欠航になる基準を解説

台風で飛行機が欠航!?

自分が乗る飛行機が台風で欠航するなんて思うと予定が狂って大変や仕事に影響が出てしまうことがあります。

台風で飛行機が欠航するのに基準があるのかどうかを解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

欠航の可能性

欠航になる可能性は大きく分けると、航空会社の判断、機長の判断の二つがあります。

どちらかがダメだと言えば、欠航になってしまいます。

今回は台風に焦点を当てて説明します。

最初に言っておきますが、これは目安です。

実際に欠航になるかどうかはさまざまな要素が絡み合うので、一概には言えませんので、目安として参考程度にしてください。

台風の離発着の基準

欠航になるかどうかは空港付近の天候です。

主に欠航になる原因は霧と風です。

特に風は横風に対してです。

これが航空会社の規定以上になると欠航になります。

航空会社の規定

これは機体・発着路の状態・天候など航空会社の規定によって基準が設けられています。

規定以上の数値を示すと欠航になります。

先ほどの横風ですが、横風が風速15mを越えると欠航になる可能性が高まります。

※横風なので、向かい風や追い風だとまた違った結果になります。

目安は横風15m

1つの目安は横風15メートルです。

路面の状況や司会状況でも前後するのですが、目安として15メートルです。

※雪だと横風5メートルでも欠航になるときもある。

飛行中はあまり関係ない

飛行中は台風の影響はほとんどありません。

台風よりも高い位置を飛行しているので、飛行中は影響はそれほどありません。

飛行中よりも離陸と着陸時に影響を受けます。

飛行中の飛行機の情報を知る方法

家族が無事に出発できたかどうか?

到着時刻は遅れるのか?

飛行状況はどうなのか?

これらの情報を知る方法があります。

それはフライトレーダーというサイトを見れば、だいたいの時刻がわかります。

次回は台風で飛行機に遅延や欠航があったときに保険はどうなるかを解説します。

→台風で欠航が起きた時の保険は!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存