世界一周には必須の英語の勉強をどうするのか?

dog-734689_640

世界一周の時のコミュニケーションはどうするのか?

やはり世界一周に必要なのは英語だと思います。

できればその他にスペイン語かポルトガル語ができればかなりの人とコミュニケーションをとることができると思います。

こんな事を言っていますが、僕らは英語が堪能なわけでは全くありません。

スペイン語もポルトガル語もできません。

TOEICも受けたことはありますが、最初は380点でしたし、直近で受けたのですら505点でした。

世界一周するにはあまり心配していません。

日本に日本語が全くできない旅行者が来ても不思議ではないですし、ちょっと日本語で挨拶してくれたら嬉しく感じるのと同じように、世界一周しているときでも、言葉が通じなくてもなんとかなると思っています。

ですが、コミュニケーションがとれるならやっぱりとりたいですよね。

挨拶だったり、「ありがとう」くらいは現地語を覚えようかと思っています。

それに加えて英語能力は向上させておくに越したことはありません。

無いよりあったほうが絶対いいです。

スポンサーリンク

英語の勉強を開始してみたが。。。。

帰国後のことも考え、英語力はあったほうが絶対いいと思い、TOEICの勉強を始めました。

単語帳を覚え文法の参考書を読みました。

最初は一日2時間くらいは勉強しました。

そしてTOEICの試験を受けたら、見事。。。。

前回と同じ得点でした。

ちょっとショックしでたね笑

僕の勉強の時間は何だったのかと。

英語の勉強方法を考えなおした

英語の勉強方法は大きく分けて3つあるとバイリンガールは言っていした。

※バイリンガールはYoutuberで、僕もチャンネル登録しています。

詳しい内容は忘れてしまったけど、僕はとりあえず、やってみる派だと思いました。

勉強しているだけでは身につかないと思いました。

TOEICだけのスコアを伸ばしたいなら、もっとテクニックを使えば点数は伸びると思いますが僕は根本的な英語力を伸ばしたかったので、TOEICのテクニック関係の勉強はしませんでした。

そして、TOEICの勉強でインプットの勉強は結構したつもりです。

英語に慣れるということはできたと思います。

インプットの勉強では、単語の意味や熟語、文法などの基礎は一通り覚えましたが、これを使いこなすことは全然ダメだと思っています。

インプット勉強は今まで中学からやってきたことの延長線上の勉強方法であり、これで英語が喋れるようになった人は僕の周りにはいません。

アウトプットの勉強法へシフト

自分から何かを発信するというアウトプットの勉強法へ切り替えようと思います。

やはり使い込んで初めて自分の実力となると思います。

TOEICのような問題を解くためでなく、コミュニケーションをとるためのツールとして英語を使うので、文法や単語がわからなくても、相手に伝えるということができれば、この際良しとしようと思いました。

そのため、強制的に英語を使うようにしました。

まずは奥さんとの会話はできるときは英語を使うようにしました。

これは、あまりできていません。笑

ですが、何て英語で言うんだろうと考えるようになりました。

その他にはHello Talkというアプリをスマホにインストールしました。

Hello Talkというアプリ

このアプリは世界中で母国語以外に言語を学びたいと思っている人を繋げるアプリです。

これで英語を母国語としている人にコミュニケーションをとっています。

文法なども気にはしますが、できるだけ量をこなすようにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
楽天