海外から日本へのコレクトコールのかけ方とその金額を徹底解説

call

海外では意外と便利なコレクトコールとは?

通常、電話は電話をかけた側が通話料を支払います。

コレクトコールとは、電話をかけた側ではなく、受けた側が通話料金を支払う電話の事をコレクトコールと呼びます。

つまり、コレクトコールを使えば海外から無料で電話をかけることができるということです。

スポンサーリンク

コレクトコールの便利な使い方

コレクトコールはお金がかからない利用方法です。

海外にいて、日本へどうしても電話をかけなくれはならない。

特に、クレジットカードを無くした時や病院へ行って保険を使う時などは電話をしなければなりませんね。

しかし、海外から日本へ電話をかけると、どうしても高額になってしまって電話料金が気になります。

このようなどうしようもない時は、電話をかけると思いますができれば通話料はかけたくありません。

僕はヨーロッパに行って、実家にコレクトコールをかけた時がありますが、約10分の電話で4,000円くらいの通話料がかかり、親に怒られた覚えがあります。笑

そんな時にコレクトコールを使いましょう。

クレジットカード会社や保険のデスクでは、コレクトコールをかけることを推奨しています

もちろん気になる通話料はクレジットカード会社や保険のデスクもちです。

料金を気にしないコレクトコールのかけ方

1.コレクトコールの番号にかける

コレクトコールをかけるにはKDDIのジャパンダイレクトを利用するのがいいと思います。

これなら日本語で対応してくれます。

コレクトコールの番号は国によって違いますので、KDDIのページを参考にしてください。

もし、KDDIのジャパンダイレクトが未対応であれば、日本語対応ではなく、英語もしくはその国の言葉になるので、注意して下さい。

2.オペレーターが出るので、繋ぎたい番号と相手の名前を伝える

コレクトコールをかける条件があって、オペレーターが相手にコレクトコールがかかっていますが、繋いで大丈夫ですか?という確認をとります。

料金を支払うのは電話を受けた側なので、当然確認をとらないとダメですよね。

ここで相手がコレクトコールを拒否したら電話することができません。

3.相手の了承が取れたら電話可能

了承が取れ次第、電話可能です。

ちなみにコレクトコールは受ける側はめちゃくちゃ高いです。

ヨーロッパからのコレクトコールが高かった思い出があり、今回の記事のため調べましたが、料金はこのような内訳になっていました。

  • 最初の3分 2,160円
  • 追加1分毎に 460円

参考:KDDIジャパンダイレクト

やっぱり10分もすると5,380円もかかっちゃいますね。

(内訳:2,160円(最初の3分)+3,320円(460円×7分)=5,380円)

携帯電話でコレクトコールをかける時の注意点

コレクトコールは無料と思っている人もいると思いますが、全てが無料という訳ではありません。

特に携帯電話からコレクトコールをかける時は、現地国内の通話料がかかります。

携帯電話からコレクトコールまでが通話料が必要

コレクトコールから日本の電話までは無料となります。

これは携帯電話を使うには現地のキャリアの回線を借りて電話するので、それは有料となってしまうからです。

携帯電話の回線使用料(通話料に含んで請求)は、負担しなければなりません。

クレジットカード会社や保険のデスク以外の電話ならネット電話が断然お得

コレクトコールはかける側ならお得ですが、知り合いや家族にかけるとかなり高額の請求がいってしまいます。

それをするくらいなら、ネット回線を使うネット電話が断然お得です。

特にLINE電話では、ネット回線があれば同じLINEのアプリを使っている人同士はタダですし、LINE電話では固定電話にもかけることができます。

これからはネット電話が主流になってくると思いますので、是非ともLINE電話は入れておいたほうが良いと思います。

僕も使っていますが、日本国内ならほとんど電話と同じですし、料金が格安です。

海外のフィリピンでも使用しましたが、普通に使えました。

使い方は、上の記事に詳しく書いていますので、参考にしてください。

ちなみにテキストメッセージが全世界使い放題というChatSimというサービスもあります。

もし、SIMフリーのスマホを持っているならば、事前に海外専用SIMカードを購入しておくのも良いかと思います。

これを使えば、緊急でも連絡を取ることもできます。値段は3,000円未満。

海外の保険について

海外旅行へ行く前には保険の加入をしておいた方が良いです。

しかし、海外保険は意外とお金がかかります。

海外保険を実質無料で入る方法をこちらで説明しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存