スマホと共に動く、360度撮影できる写真

360度写真もしくは動画が僕の中でアツいです。

最近はFacebookやYoutubeでも360度動画が対応されて、今までの写真とは一線を画していると思います。

360度写真がどういうものか知らない人は、この写真を見て下さい。

スマホなら画面を持って、左右に動かしてみましょう。

写真も動くはずです。

※動作が不安定な時があります。

360度写真

これはBubbliというiPhone専用のアプリで撮られた写真ですが、ちょっと凄すぎじゃないですか?

スマホなら画面を傾けたら、写真も動くし、PCならマウスの動きで写真も動きます。

スポンサーリンク

360度写真の種類

僕は360度写真は大きく分けて2つに分けられると思います。

1つはパノラマ画像を使い、360度の写真に見せる方法。

2つは全天球カメラで撮る写真です。

1つ目はスマホのアプリでも簡単に取れちゃいます。

でも、やっぱり感動するのは断然2つめの全天球カメラで撮影する方法です。

※アプリでもbubbliで撮る方法は写真のみ全天球カメラと同じことができます。

全天球カメラ

どうせなら、全天球カメラで撮った映像は1人で見るのではなくて、誰かとシェアしたいですよね。

シェアの方法は写真ならFacebook、動画ならYoutubeだと思います。

この中でシェア方法で面倒くさいのがYoutubeです。

Youtubeの公式HPではメタデータをつける必要があるとありますが、そもそも360度動画を作るには現在対応しているのは3機種のみとあります。

  • Ricoh  ”Theta”
  • Kodak  ”SP360”
  • IC Real Tech  ”Allie”

Youtube公式サイト

360 度動画を視聴するには、パソコン用の Chrome、Opera、Firefox、Internet Explorer の最新バージョンが必要です。モバイル端末の場合は、最新バージョンの

Amazonで調べてみるとどれも高価でした。

リコーのThetaとコダックのSP360は上位機種が発売されてて、一番安いのでThetaの上位機種のTHETA Sが一番良さそうでした。

ちょっと余裕があれば買いたいカメラNo.1です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存