【ムンバイ】ハジアリ霊廟(Haji Ali Dargah)への行き方と干潮時間

スポンサーリンク

ハジアリ霊廟への行き方

ハジアリ霊廟は駅から遠いですが、歩いて行けない事はありません。


歩いて行ける駅は、2つありどちらも同じくらいの距離です。

スポンサーリンク

最寄り駅

最寄り駅は、Mumbai Mahalakshmi駅とMumbai Central Local Station駅です。

若干、ムンバイセントラルローカル駅のほうが近いです。

僕は、マハラクシュミ駅を使いました。

こちらにはインドのスラム街があって、洗濯物がヤバい。

なんでこんなにあるのか?ってくらいあります。

こちらを見るために、マハラクシュミ駅を使いました。

ハジアリに入れる時間

干潮の時しか中に入れないとネット上の情報でしたので、時間を調べましたが、特に何時になると入れないとかは情報がありませんでした。

そのため、行かなかったらしょうがないと思い、夕方に向かい、17時頃に到着しました。

この時は塩が引いてて入ることができた。

後から調べると、ここは海抜0メートルなので、満潮時は道が埋まるということです。

つまり、ネットでは干潮時にしか行けないとありますが、実際は満潮時以外は行くことができるです。

エレファンタ石窟に、行ったときも10時頃は潮も引いていたので、午前中と夕方はハジアリに入ることができると思います。

もし、行かれる人は満潮時の時間を調べてみてください。

ハジアリへ

行くには桟橋を渡らなくてはならない。

この【HAJIALI JUICE CENTRE】という左横からハジアリに入る道がある。

この桟橋には物乞いがかなりいる。

特に危険なことはないが、外国人が少ないと思った。

中では棺桶に触ることができるが、女の人は近くまでいけないので、触れられない。

遠くから見たハジアリ。

これは近くから。

夕陽時に行くと、夕陽がメッチャ綺麗。

帰り

帰りはムンバイセントラルローカル駅まで歩いた。

鉄道はかなり安い。

ムンバイ内なら1人10ルピーから20ルピーだ。

リキシャで移動するよりもだいぶ安い。

グーグルマップで調べると、何行きに乗るかがわかるので、調べながら行けば、それほど難しくなかった。

ローカル線は頻繁に電車があった。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存