【2017年最新】バングラデシュ:ダッカのシャージャラル国際空港でアライバルビザを取得する

アライバルビザを取得する

バングラデシュはアライバルビザが取得できます。

日本でビザを取得するなら、オンラインで申請して大使館まで行ってビザを取得するらしいですが、普通にアライバルビザで取得するほうが楽です。

今回、僕が取得した経緯をレポートします。

スポンサーリンク

カトマンズからダッカへ到着

バングラデシュエアーラインの飛行機を降り、

看板に従って行くと、

イミグレーション前に【Visa on Arrival】というデスクがある。

ここで、アライバルビザが取得できます。

まず、ここではアライバルビザを取得したい事と日本人ということを伝えよう。

”アイアム ジャパニーズ。 アライバルビザ プリーズ。”

これだけで伝わる。

そうするとアライバルビザの申請用紙と入国カードがもらえる。

僕は入国カードは飛行機内で貰ったので、申請用紙のみ記載した。

記載内容は、名前、生年月日などのパスポートの記載事項と飛行機の情報(フライトナンバーやどこから搭乗したのかなど)。

それに加えて必要だったのが、ホテルの住所と電話番号。

これは事前にチェックしておいたほうが無難。

ちなみにフリーWi-Fiも空港にあるので、予約していない人は、Agodaなどの予約サイトで予約するといい。

ちなみにダッカのホテルは割高だと思う。

まだ、観光客が少なくホテルが多くないため、安宿でも2,000円以上する。

安全面も考慮してあまり空港から離れたところではなく、近場か外国人が多い地区にしたほうが無難だ。

申請用紙を提出

必要事項を記入したら、申請用紙と入国カード、パスポートを提出すればアライバルビザが取得できる。

審査官の仕事は遅いので、1人5分くらいかかる。

この時、質問事項とかは全くなかった。

そして無事にVISAの取得完了。

日本人はビザの取得代金が無料です。

お金も払うことなく、観光ビザが取得完了です。

仕事関係だと少々めんどくさいらしいですが、観光目的ならアライバルビザはお勧めです。

※ビザの情報は変わることがあるので、自己責任でお願いします。

この次はSIMカードを買ってみました。

【バングラデシュ】ダッカのシャージャラル国際空港でSimカードを買ってみた
バングラデシュの国際空港 バングラデシュの首都ダッカのシャ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存