【意外と知らない】飛行機に持ち込んでも大丈夫な物一覧

飛行機に持ち込んで良いもの

飛行機の手荷物検査は厳しいです。ルール違反の物は容赦なく、捨てることになります。

しかし、ルールに違反していないものは持ち込む事が可能です。そして、意外とダメと思ったモノでも持ち込む事が可能な荷物があります

僕が調べていて、これなら持ち込む事ができると思ったものをリスト化しました。

スポンサーリンク

持ち込み可能な荷物

ルール内であれば機内に持ち込む事ができるものを一覧にしました。ルールを違反すれば、確実に捨てることになりますが、制限内であれば大丈夫なものです。

10cm未満のライター(使い捨てライター)

1人1個まで身に着けていれば、持ち込み可能。

ターボライターなどの強力なものは不可

剃刀(4cm以下)

刃体の長さが4cm以下であれば機内持ち込み可能。

電池駆動の電気カミソリも持ち込む事が可能です。

ハサミ(6cm以下)

刃渡りが6cm以下で先が尖っていないものなら、持ち込みが可能。

鼻毛カッターみたいなものは大丈夫。

爪切り

爪切りも基本的には持ち込み可能。

先が鋭利なものでなければ持ち込み可能。

虫よけスプレー


殺虫剤でなく、虫よけスプレーならば液体物として扱われるので、100ml以内であれば、通常の液体物と同じように持ち込む事が可能。

工具


長さ15cm以内であれば、先が尖っていなければ持ち込み可能。

例:ドライバーやスパナ等。

意外と持ち込んでも大丈夫なものが多かったと思います。特にハサミなどはダメだと思っていたのではないでしょうか?先が尖っていなかったら大丈夫だとは知りませんでした。

この制限に引っかからなければ、基本的に持ち込む事は可能ですが、最終的な判断は航空会社になりますので、不安ならチェックイン時に確認することをお勧めします。

他にも食べ物や飲み物などは制限がかかるときもありますが、こちらに国際線での食べ物についてまとめてみました。

まとめ

意外と飛行機に持ち込めないと思っていたものが持ち込めることがわかりました。

僕は何がダメで何が大丈夫なのかわかったので、これらを踏まえて荷造りをしています。ルールがわかれば対策がわかります。

LCCを利用する時に荷物を預けると荷物料金がかかるので、LCCを利用する時は荷物を預けずに荷物料金を節約しています。

次回は僕が使っている荷物料金を節約するための節約テクニックをお伝えします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存