冒険心に火をつける!バガンの観光がワクワクすぎる

ミャンマーのバガンという観光地

ミャンマーのバガンという所を知っているだろうか?

ここはリアルなドラクエを体感できる場所である。

リアルなドラクエと言っても意味わからないだろうが、ドラクエをやったことがある人が、このバガンに来たら、「リアルなドラクエだ!」と納得できるだろう。

なぜなら、このバガンというところは遺跡でありながら、登ることができ、バイクを使い自分で探検できるからだ。

しかも、この遺跡は無数にあるので、アンコールワットのように観光地化がそれほどされていないのである。

これは一部の遺跡で、この景色が360度広がっているのである。

それをバイクで回ることができると思えば、ワクワクしないわけがない。

ちなみにバイクで回る時は、舗装されていない道もあるので注意してください。

スポンサーリンク

バガンはどこにあるのか?

バガンはミャンマーのちょうど真ん中あたりにある。

そして、ここには直接来ることができないので、一度ヤンゴンかマンダレーで乗り換える必要がある。

もしくは、どちらかの都市から夜行バスで行くことになる。

一口にバガンと言っても、かなり広いので、赤丸のニャウンウーという街と黄色のオールドバガンという遺跡群、青色のニューバガンという観光者の街がある。

観光はオールドバガン、宿泊施設はニャウンウーとニューバガンに集中している。

ニャウンウーとニューバガンのどちらに泊まっても大差ないが、中級の宿はニューバガンのほうが多いのと、外国人ようのレストランがあった印象を受ける。

逆にニャウンウーはちょっと郊外に高級ホテルがあり、地元民が多い印象だ。

ぶっちゃけ、発展途上国すぎて大差ない。

どちらもお金を払えばそれなりに快適に過ごせると思う。

オールドバガンの見どころ

全てが見どころと言いたいが、やはりハイライト的なものの写真をここに張っておこう。

巨大な遺跡

ライトアップもされる

遺跡の上から見えるサンセット

サンセットその2 遺跡の中断に人影が見える。遺跡がどんだけ巨大なのかがわかる。

金ぴかな寺院

気球とのサンライズ。次回は是非、あの気球の上からサンライズを見たい!

ヤンゴンからパガンまでの移動方法はこちらです。バガンで遺跡と一緒に見る夕陽も綺麗です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存