フリックスバスのキャンセル方法と予約の変更方法

FLIXBUS(フリックスバス)のキャンセルについて

フリックスバスとは、ヨーロッパの移動でかなり多用するめちゃくちゃ便利なバス会社です。

予約方法は簡単で、クレジットカードがあればアプリですぐに予約でき、乗るのにもスマホの画面を見せればいいだけなので、ヨーロッパの移動には欠かせません。

そんな便利なフリックスバスですが、予約のキャンセルや予約の変更方法についての情報は日本語では皆無だったので、まとめてみました。

スポンサーリンク

フリックスバスの予約の変更について

フリックスバスはとても便利で行先も多々あり、ヨーロッパ内の移動には必須です。

もし、予定が変わってしまった時などもフレキシブルに対応することができます。

急遽、予定が変更したり移動する時間を変更したい時にはどうしたらいいのでしょうか?

また、キャンセルするにはどうしたらいいのでしょうか?

フリックスバスは予定の変更はできない

フリックスバスは予約の変更はできません。

もし、バスの時間の変更や日程の変更をするには、一度キャンセルをして再度購入します。

つまり、予定を変更するにも、中止するにも一度キャンセルする必要があります。

それではフリックスバスのキャンセル方法を説明します。

キャンセル方法

まず、キャンセル方法について説明する前にキャンセルに係る手数料を説明します。

フリックスバスではキャンセルを行うと1人につき1€のキャンセル手数料がかかります。

例えば、25€の席予約をキャンセルしたのならが、24€分のフリックスバスで使えるバウチャーがメールで送られてきます。

キャンセルした時点で画面にもバウチャー番号が表示されます。

返金は現金やクレジットカードへの返金ではなく、次回のフリックスバスで利用できるバウチャーです。

このバウチャーを使えば、違う時刻のバスの予約をすることができます。

キャンセルする手順

キャンセルするにはBooking No.とメールアドレスでフリックスバスにログインする必要があります。

ログインした後は、自分の予約が出てくると思います。

メニューからキャンセルを選択します。

本当にキャンセルするのか確認されます。

この時に、キャンセルするには1€の手数料がかかると表示されるはずです。

キャンセルが無事完了するとバウチャーが発行されます。

このバウチャーは自分で使うこともできますし、他の人にあげることもできます。

予約変更の手順

予約の変更の手順はキャンセル→バウチャー発行→新しい予約→支払いの順番です。

キャンセルしてから新しい予約をしなければなりませんが、キャンセルした後に席が埋まってしまう可能性があります。

それを避けるためのテクニックです。

フリックスバスは30分のリザーブタイムがある

フリックスバスにはリザーブタイムというものがあります。

キャンセルをしている間に席がなくなってしまうかと思うかもしれませんが、フリックスバスでは席を30分の間確保(リザーブ)する事ができます。

席を確保しつつキャンセルすることが、席がなくなるという心配もありません。

フリックスバスは席を選択してから、支払いを完了するまでの時間が30分あり、この時間は席をリザーブしておけます。

つまり、まずは席をリザーブしておいて、その間にキャンセルを実行し、バウチャーをゲットします。

そして、予約しておいた支払いにこのバウチャーを利用します。

こちらにフリックスバスの使い方を載せておきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存