デスロードツアーに参加後にそのままウユニへ向かう

デスロードとは

デスロードとはその名前の通り、年間200人以上が亡くなっている断崖絶壁の道です。

このデスロードをマウンテンバイクで降りるというのがデスロードツアーです。

スポンサーリンク

デスロードツアーに参加

ラパスには1泊2日しかいない予定でした。

出来ればデスロードをマウンテンバイクで通りたいと思っていましたが、時間が無いため、素通りしようと思っていましたが、ウユニへのバスの出発は20時。

デスロードツアーは朝から始まるので、デスロードツアーに参加出来ないかと旅行代理店に聞いてみたところ、参加可能のため、急遽デスロードツアーに参加しました。

タイムスケジュール

  • 朝7:30ツアー開始。
  • デスロードへ
  • デスロードを下る
  • 軽食
  • デスロード再開
  • ホテルにてランチ&シャワー&プール
  • ラパスへ戻る
  • 19:00頃ラパス到着

19時にラパス到着という事で、かなりギリギリだと思いましたが、旅行代理店の人は荷物を全て持っていけば、そのままバスターミナルまで送ってくれると言っていたのと、確実に送り届けるから大丈夫と言っていたので、デスロードツアーに参加することにしました。

デスロードツアーの料金

僕は前日にspace bikingというところで予約しました。

料金はマウンテンバイクのサスペンション無しが340ボリ(約5500円)、サスペンションありが450ボリ(約7300円)でした。

この料金にはホテルまでのピックアップ込みです。

それに軽食とランチ込みでした。

また、シャワーを浴びるときのタオルもついていました。

写真やムービーなどの撮影料も含まれていました。

後日写真はメールアドレスに送ってくれました。

付いていないのは、デスロードへの入場料50ボリ(約800円)とランチのときのビール代金くらいです。

必要な持ち物

着替え、サングラス、日焼け止め、雨具、水着などです。

デスロードを下るときには洋服やプロテクターを貸してくれますが、雨が降ったりすると濡れます。

ポンチョはデスロードへ対う途中で5ボリ(約80円)で購入できます。

着替えは必須です。

詳しいツアーの内容

7:30〜 ホテルピックアップ

デスロードへ向かう

9:00〜 約1時間は整備された道を走る

この時が1番楽しい

10:00〜 デスロード(オフロードを約2時間くだる

スピードは個人のペースで良い。

途中にはフェンスのない崖や滝などもあり、スリル満点。

ペースは個人の自由なので、特に危険と感じる事は無かったが、崖から落ちると大惨事なので注意が必要。

12:00〜 軽食

ここでジップラインのアクティビティがあるので、参加したい人は追加料金(80ボリ)で参加可能。

12:30〜 再度デスロードをくだる

2ヶ所の川を渡るので、靴が濡れる可能性が高い。

13:30頃 デスロード終了

休憩&ホテルへ移動

14:30〜 ランチ&プール&シャワー

ビュッフェ形式のランチを食べ、終了時刻までプールやシャワーを終える。

15:30〜 ラパスへ向かう

18:30〜 ラパスへ到着

希望の場所でおろしてもらえる。

大抵はホテルの近く。

僕のように事前に希望していればバスターミナルへ。

ラパスからウユニへ

僕はウユニへのバスチケットは前日のうちにOmar(オマール)という会社のバスチケットを購入しました。

チケットはバスターミナルで購入しました。

カマ(3列シート)というランクのチケットで180ボリ(約2900円)でした。

当日でも空きがあれば買えますが、前日に買っておいた方が安心です。

このオマールという会社は他の日本人の旅人も使っているので安心でした。

セミカマ(4列シート)もあり、こちらはもう少し安く買うことができます。
2000円くらいで購入できます。

ウユニへは朝5時くらいに到着します。

ウユニへ到着したら、まずは宿を探して見てください。

宿は空いていたらさ、その時間から入る事ができます。

もし、朝早い時間から動きたくないなら、近くにHot coffee houseというカフェもあります。

こちらは朝5時の時点から開いていましたし、Wi-Fiも早いです。

飲み物は6ボリ(約100円)からありますし、朝食セットの1番安いので15ボリ(約240円)からあります。

高いのでも500円くらいでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存