京成バスで成田空港まで行った時のレビュー!第3ターミナルへも直行可能!!

東京駅から成田空港まで京成バスを利用して移動してみました。

都内から成田空港へ行くにはこの方法が一番楽です。どんなスケジュールで成田空港まで行けたかどうかをレビューしたいと思います。

それではまずは成田空港への行き方について何故京成バスを利用したのかをお話しします。

 

京成バスで成田空港へ

都内から成田空港へ行くにはバスが1番だと思っています。その理由としては、他の移動手段と比べるとコスパが良いからです。

 

スポンサーリンク

電車、バス?あなたならどちらを利用する?

東京駅から成田空港へ行くには電車かバスを利用します。

電車なら特急で54分、3017円(ICカード利用)、普通電車で1時間28分、1317円になります。

バスなら900円で1時間10分で到着する事ができます。

 

スポンサーリンク

バスをお勧めする2つの理由

僕がバスをお勧めする理由はこちらです。

  • 圧倒的に安い
  • 荷物を持っての移動距離が格段に少ない

値段は先程説明したように特急の3分の1以下です。そして何よりスーツケースなどの重い荷物を持っての移動距離が格段に少ないです。

電車を利用するとスーツケースを持って、階段などの移動が少なからずありますが、バスを利用するとターミナルの到着ロビーまで行きますので、荷物を持っての移動距離がほぼありません。これがバスをお勧めする理由です。

 

東京駅から成田空港へ運行している会社は2社

東京駅から成田空港へ運行している会社は2社あります。

この2社で運行しており、それぞれ特徴があります。

 

京成高速バスの特徴

  • 2日前までに予約すれば料金は900円
  • 乗り場は、東京駅から3分くらいのところにある
  • Theアクセス成田よりも混んでいないので、予約なしでも待たずに乗れる

 

Theアクセス成田の特徴

  • 値段は1000円
  • 乗り場は東京駅目の前
  • 予約していないと何本か待つ可能性あり。
  • 雨の日などかなり本数を待つ時がある。
【Theアクセス】東京駅から成田空港まで高速バスで移動した時の乗車レポート
・・・続きを見る
スポンサーリンク

京成バスで成田空港へ行ったレビュー

今回は初めて京成バスを使ってみました。

予約はwebサイトで3日前にしました。予約料金は900円でした。

空き状況も確認できます。僕は土曜日の13:40発のバスにのりましたが、予約している人は9名でした。

 

バスの乗り場へは10分前に到着すれば問題ない

京成バスの乗り場はこちらになります。

グーグルマップではこちらです。

隣はエクセルシオールカフェでわかりやすいです。

こちらに並び、バスが来てから乗ります。

予約している人と当日券を買う人の列は別でした。当日券を購入する人は奥に券売機がありました

こちらで購入します。購入は現金のみでした。

日本語、英語、中国語、韓国語対応でした。

予約している人は名前を告げて、引換券を貰います。13:40発のバスは8分前には来ており、そのまま乗車できました。

 

バス内の設備

普通のバスですが、トイレ、usb充電、Wi-Fiがありました。

USB充電ができます。

Wi-Fiに繋ぐ方法もしっかりと記載されていました。

Wi-Fiは早いとは言えませんが、webページなら問題なく見れました。

 

バスの停車場所

京成バスは4つの場所に停まります。

  • 第3ターミナル
  • 第2ターミナル(北)
  • 第2ターミナル(南)
  • 第1ターミナル

以前は第3ターミナルへ行くには第2ターミナルから歩く必要がありましたが、現在は改修されており、第3ターミナルでも降車可能となっています。

電車で来たなら、第2ターミナルから歩きもしくは無料のシャトルバスで来なければならないですが、バスなら第3ターミナルの目の前まで来れるのはめちゃくちゃ楽ですね。

 

こちらは第3ターミナルすぐ目の前の降車場所です。

 

寄り道して第2ターミナルのラウンジでゆったり

第3ターミナルにはラウンジがありません。第3ターミナルはLCC専用ターミナルのため、ラウンジがないのですが、徒歩圏内の第2ターミナルにはラウンジがあります。

第2ターミナルのラウンジはエポスゴールドカードがあれば利用できるので、僕は第3ターミナルのジェットスターの利用でしたが、第2ターミナルへ行き、ラウンジを利用しました。

ビール1本まではアルコールも無料です。

Wi-Fiもありましたので、ここでAmazonプライムビデオをダウンロードして、飛行機内の暇つぶし用に映画をダウンロードします。スピードも十分でした。

もちろん充電も可能です。

 

チェックインはwebチェックインを利用

ジェットスターはwebチェックインが可能なので、事前にチェックインをしておきます。預け荷物もないので、時間ギリギリに行けば問題ないです。

 

第2ターミナルから第3ターミナルへの移動

第2ターミナルから第3ターミナルへは徒歩で15分みておけば問題ないので、ボーディングタイムの40分前にラウンジを出れば十分でした。

ボーディングタイムは16:20なので余裕をみて15:30にラウンジを出発。

※第2ターミナルから第3ターミナルへは無料のシャトルバスもあるので、タイミングが良ければ乗ります。シャトルバスなら移動時間は3分のみです。

バスが目の前にいたのですが、目の前で閉まってしまいました。非常に残念です。第2ターミナルから第3ターミナルまでは公式アナウンスでは徒歩で15分ですが、僕が測ったところ、多少早歩き(リュックサックのみ)で6分50秒でした。

たった500メートルのみですしね。通常大人であれば時速4キロなので、500メートル程度であれば7分程度です。荷物があっても10分あれば問題ないでしょう。

実際に歩いてみました。

ストップウォッチで測ると6分50秒で第3ターミナルに到着しました。

 

第3ターミナルに到着

第2ターミナルのISSAラウンジを出て10分後には第3ターミナルに到着。

LAWSONや各チェックインデスクがあります。僕はwebチェックインをしているので、そのまま荷物検査へ行きます。

 

15分後には荷物チェックも終わりました。国内線なので人もあまりいなくすぐに終わりました。

そしてラウンジを出発して22分後には搭乗ゲートに到着しました。搭乗時刻まで20分以上あります。

搭乗ゲート付近には成田フリーWi-Fiがありますので、Wi-Fiを繋いで時間を潰しました。

搭乗ゲートにはキッズパークなどもあり、子供がいても遊べるスペースがありました。

この付近には飲み物も売っていました。ジェットスターなどのLCCの機内販売より安いので、こちらで買うのも良いでしょう。

海外旅行にお勧めのサイト

スカイスキャナー

僕は飛行機の予約は基本的にスカイスキャナーを使っています。複数の比較サイトを見ていた時期もありましたが、何だかんだで最安値を見つけるにはスカイスキャナーが一番安かったです。

僕はスカイスキャナーでサンフランシスコ往復6万円台や、ハワイの往復がレガシーキャリアで8万円で予約できました(もちろん燃油サーチャージや税金込の値段です。)

 



Booking.com



 

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

 

 

agoda(アゴダ)も全世

にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

そして、こちらでは人気のトラベル用品を紹介しています。是非、最新の便利グッズを見てください。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました