マカオ航空に乗ったので、ANAのマイルに事後登録してみた

マカオ航空に乗ってマカオへ行ってきました。マカオ航空はアライアンスに加入していないため、マイルの加算が出来ないと思っていましたが、なんとANAと提携しているのでマイルの加算が可能です。

今回はマカオ航空に乗った後にマイルを加算(事後登録)する方法を教えます。

 

マカオ航空はどのアライアンスにも加盟していない

マカオ航空はスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームなどのアライアンスに加盟していません。そのため、マイルの加算ができないと思っていました。

しかし、ANAのマイルについて調べてみたところ提携していました。

 

スポンサーリンク

ANAの加盟しているスターアライアンス一覧

  • エア・カナダ
  • ニュージーランド航空
  • 中国国際航空
  • アシアナ航空
  • オーストリア航空
  • エジプト航空
  • ルフトハンザドイツ航空
  • スカンジナビア航空
  • シンガポール航空
  • 南アフリカ航空
  • スイス航空
  • タイ国際航空
  • ターキッシュエアラインズ
  • ユナイテッド航空
  • エバー航空
  • AIR INDIA (AI)

 

提携航空会社(マイレージ提携)

これには加盟していませんが、下記の航空会社と提携しています。

  • 吉祥航空
  • エア ドロミティ
  • マカオ航空
  • エティハド航空
  • ユーロウィングス
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • ジャーマンウィングス
  • ジェットエアウェイズ
  • オリンピック航空
  • フィリピン航空
  • ヴァージンアトランティック航空
  • ベトナム航空
  • アリタリア航空

調べたところマカオ航空の名前がありましたので、早速マイルを登録しようと思いました。

 

スポンサーリンク

ANAのマイルにマカオ航空のマイルを加算させる

それではマカオ航空のマイルをANAのマイルに加算させたいと思います。

用意するものは、ANAのマイレージ情報とマカオ航空に乗った時の半券が必要になります。それでは登録してみましょう。

 

ANAのWebサイトから登録

まずはこちらのANAのWebサイトへログインし、【マイメニュー】を開きます。

次に【国際線事後登録】を選びます。

こちらで【会員専用機能へ】を選択しましょう。少しわかりにくいですが、この順番でやりましょう。

 

メールアドレスの登録

名前やお客様番号を確認し、【メールアドレスの登録へ】進みます。メールアドレスは以前登録してあっても、この順番で進みます。

既にメールアドレスの登録がしてあれば、確認するだけです。初めてなら登録しましょう。

次に必要事項の入力です。これらの必要事項は全て搭乗券に記載されています。

搭乗券に全ての情報が書いてあるので、搭乗券さへあれば問題ありません。ちなみに事後登録は搭乗日から6か月以内です。

 

情報入力後は確認

先程の登場チケットの内容を確認します。

申請内容について、提携航空会社にて確認しています。

丁寧にも登録メールアドレスにこのようなメールが送られてきました。マイルの反映は即日から4週間以内とのことです。

 

スポンサーリンク

まとめ

マカオ航空に乗ったら、ANAのマイルに付けることが可能なので、忘れずにマイルをつけましょう。マイルの申請は搭乗券があれば、インターネットで簡単に登録することができます。

マカオ航空はアライアンスに加盟していないからといって、マイルがつかないわけではないので、この方法でマイルをつけてください。

ちなみにマカオー成田間のマイルは往復で3,686マイルです。片道であれば1,843マイルです。僕は割引チケットだったので、加算マイルは50%でしたが、それでも1,843マイルがANAのマイルに加算されました。

マイルの価値は一般的に2-3円と言われていますので、1,843マイルであれば3,686円分の価値があります。これは付けないともったいないので、忘れずにマイルの加算をしましょう。

海外旅行にお勧めのサイト

スカイスキャナー

僕は飛行機の予約は基本的にスカイスキャナーを使っています。複数の比較サイトを見ていた時期もありましたが、何だかんだで最安値を見つけるにはスカイスキャナーが一番安かったです。

僕はスカイスキャナーでサンフランシスコ往復6万円台や、ハワイの往復がレガシーキャリアで8万円で予約できました(もちろん燃油サーチャージや税金込の値段です。)

 



Booking.com



 

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

 

 

agoda(アゴダ)も全世

にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

そして、こちらでは人気のトラベル用品を紹介しています。是非、最新の便利グッズを見てください。

マイルマカオ
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました