妊娠したら飛行機には乗れる!?妊娠したら気を付けるべきこと!!

海外旅行や出張などで飛行機に乗るときが少なからずあると思いますが、自分や家族の誰かが妊娠していたら、飛行機に妊娠してても乗れるの?という疑問がでてくると思います。

今回はそんな妊娠したら飛行機に乗れるのか?また、その安全性は?という観点で記事を作成しまいた。

結論:妊娠しても飛行機には乗れる

結論を言うと妊娠しても飛行機には乗れます。これは飛行機に乗る直前に妊娠が分かった時や、どうしても飛行機に乗らなければならない時があったりしても、とりあえず、安心です。

 

スポンサーリンク

飛行機に乗るときに診断書や書類は必要なのか!?

基本的には診断書などの書類は必要ではありません。ただし妊娠の程度によっては医師の同伴が必要だったり、診断書が必要になる場合もあります。妊娠1ヶ月目から3ヶ月目の間は書類は必要はありません。急に調子が悪くなることは少ないし、妊婦にとって飛行機にとっても負担がないと判断されているからです。

 

臨月前後は特に注意が必要

特に注意しなければいけないのは子供が産まれる1ヶ月前(臨月前後)からです。この時期はつわりや疲れも多いからです。飛行機ににはトイレがついていますが、突然急に調子が悪くなると、トイレばかりかけこみ、途中で倒れてしまうこともないとは限らないからです。

 

場合によっては緊急着陸という可能性も。。。

子供は出産予定日よりも早く産まれるかもしれないし、逆に遅くなる場合もあります。もし飛行機の中で子供が産まれそうになったとき、医師がついていないと他の飛行機の着陸出来る場所、あるいは緊急着陸という形で降りなければいけません。

 

自分だけでなく周りにも影響が。

子供や妊婦ばかりではなく周りの人にも影響が出てしまい、仕事の出張で飛行機に乗っていても遅れを取ったり、自宅に帰りたいのに帰れずに困っている人もいます。確かに飛行機に乗ることは出来ますが、妊娠の状態を分かった上で行動するのが望ましいです。

 

スポンサーリンク

海外の医療費負担は大きい

もし緊急着陸するのが日本以外だったらどうなるのだろうと考えている人もいると思います。まず海外では医療費の負担がとても大きいところもあります。

どうすれば解決出来るかというと、海外旅行保険というものがあります。海外旅行保険で妊婦に関する保険もあるのを先に選んで入っておくこともいざというとき心配は少なくなります。

飛行機の中でつわりが起きる可能性も大きいですが、海外の旅行先でもつわりが大きい可能性があります。早めに子供が産まれそうなときは、海外の旅行先で産む可能性も少なくはありません。確かにこの妊婦の状態であれば日本の医師が一緒についていくから大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、同伴している状態だと出来ることは限られているため、海外の病院に駆け込むことが大いに考えられます。

 

もしものために海外旅行保険は加入必須

保険に入るのも必要ですが、保険会社によっては少しずつ違いがあるため、それぞれの保険会社では妊娠したときにどういうサポートをしてくれるか、どういうメリットがあるか、メリットは大きいのか確認しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

飛行機は子供に影響はないと断定出来ない

妊婦が無理をすれば子供に影響はないと断定は出来ません。むしろ子供に影響が出る可能性は十分あり得ます。例えば空港の中は広く時間をかけて歩かなければいけません。

このとき子供がお腹の中で大きく育っている状態になっていると、少し動くだけで妊婦も大変です。子供の重さに耐えられず途中で休んでしまったり、疲れてしまうことも大いに考えられます。このとき飛行機がすぐ出発するからと考えて慌てて歩いていくと子供に負担がかかり、影響が出てしまいます。

 

飛行機でも空港でもトイレは問題

飛行機にも空港にもトイレもありますが、トイレが並んでいるということもあり、トイレにすぐ駆け込みたい状態なのに我慢していると、母親にも子供にも負担がかかります。こうすると健康にも被害が少し及び、心配も増えます。

 

ストレスも溜まる可能性有

ストレスも溜めていると母親にも疲れの限界が達し、精神状態も不安定になりやすくなります。子供に影響が出ないようにするには妊娠前はなるべく飛行機に乗るのを避けるか、どうしても乗りたい場合は1つ1つ落ち着いて行動するのが大切です。

 

スポンサーリンク

海外の飲食は注意が必要

海外の飲食には注意するところがあります。まず衛生的かどうかという面が問題です。

どういうことかというと、他の国では日本のように衛生基準が厳しくないところもあります。肉や野菜を食べたとき、体調を崩したり下痢をしたりする可能性もあります。

衛生的によくないものを食べてしまうと母親の口の中から入った栄養分は子供にも行き届いてしまいます。そうすると母親だけではなく子供にも大きく影響が出てしまい、子供が無事に産まれる可能性が少し減ってしまいます。

海外では衛生的にいいところもありますが、どちらかというと日本のように衛生基準が厳しくないところの方が多いです。食べ物だけではなく飲み物にも問題があるところもあります。水を飲んだときに、水で食あたりすることも考えられます。

 

日本は食に関してはとても整っている

日本のように水道水や水道設備がきちんとしているところばかりではなく、水道設備がないところもあります。あまりにも体を崩すと体に負担がかかり、感染症や病気も起こらないとは断定出来ません。

 

スポンサーリンク

まとめ

妊娠しているときに飛行機に乗るときは上記の点をよく考えながら注意して乗るようにしましょう。焦ったり急いだりするのは禁物です。旅行に行きたいから行くのではなく保険に入ったり早めに医師と相談したりするのも大切です。

日本と海外は基本的に文化も違うため、日本と同じように健康保険があったり、医師がきちんといたり、困ったときすぐ対応出来たりというのがない場合もあります。インターネットで海外のお店の評判など確認するのも1つの方法です。

正しい知識をもって、安全な旅を楽しんでください。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナー。これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトです。UIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できる。僕はこれでハワイまで往復8万円。アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Expedia(エクスペディア)

航空券とホテルを同時に予約すれば、割引もあるというExpedia。計算したところ、ツアーに申し込むよりもお得になることが多い。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

Agoda(アゴダ)

Agoda(アゴダ)も全世界にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。つまり海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。エポスカードの詳細はこちら。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました