犬を飛行機に連れていきたい!そんな時の注意点とその方法を解説

かわいいペットを旅行に連れていきたい!!そんな方もいるかと思いますが、飛行機に乗せるのって意外とハードルが高いです。そんなかわいいペットを飛行機に乗せるときの注意点をご説明します。

航空会社によっては犬は乗車できず、乗車できても飼いならされているという条件が付属することがある

まずペットを飛行機に乗せて旅行に行く場合、種類によっては乗車を断られることがあります。まずペットは原則として乗客ではなく、手荷物として扱われる点が注意ポイントになります。

 

スポンサーリンク

犬は手荷物として扱われてしまう

その為ペットが乗る場所は貨物室になります。JAL/ANAやスカイマークでは犬を貨物室内に積み込むことで飛行機に乗せることができますが、スカイマークは飼いならされていることが前提です。

 

断られるケースもある

その為人にかみつくなどの他、迷惑をかけると判断した場合、乗車をお断りできる権限があります。また、JAL/ANAやスカイマーク以外の主要ではない航空会社、例を挙げますとピーチ航空などのLCCでは、原則として動物を乗車させることができず、手荷物として貨物室に乗車させることもお断りしています。

このように主要である航空会社であれば、ペットの犬を乗車させることができますが、スカイマークなど海外の航空会社によっては飼いならされていなければペットの安全を確保できないという理由で断られてしまうこともありますので注意が必要です。

 

短頭犬種は断られる

ペットで飼う犬の中には短頭犬種例えば、フレンチブルやダックスフントなどのように頭が小さく短い犬種がいます。こうした犬種は飛行機が飛んでいる高高度においては呼吸がし辛くなり、最悪死亡するケースがあり、乗車を断られることがあります。

JALは一応短頭犬種である犬種を飛行機内の貨物として乗車を許可していますが、一部短頭犬種としてフレンチ・ブルドッグ、ブルドッグの犬種の乗車を断っています。これには理由があり、こちらの犬種は寒さに弱いため、貨物室内が寒くなるということもあり、ペットのフレンチ・ブルドッグ、ブルドッグが死亡してしまったケースがあることからお断りをしています。

 

最悪、死亡するケースもある

基本的に乗車を断られるケースとしては暑さに弱い犬であることと頭が小さく短い犬種に対しては高高度飛行時において呼吸ができなくなり死亡するケースがありますので乗車を断割るということです。

これ以外の短頭犬種ではないペットについても今後、死亡事故が起きた場合拡大する可能性がありますのでそうした情報については公式サイトにて確認をするなどをして確認する必要があります。また、空港内にて一時的にペットを預かるサービスを提供している航空会社や周辺のペット預かりサービスにおいても短頭犬種を預かる業務を停止している航空会社もありその問題としては暑さになります。

 

スポンサーリンク

ペットの持ち込み方について

犬の場合ケージに入れて空港のカウンターにて許可をもらいますが、ケージとしてはプラスチックか金属のケージに手ペットを入れてから預けます。頑丈性が一切ないケージについては預けることが不可能となりますので注意です。

 

頑丈なケージを用意しよう!!

その理由ですが、柔らかいソフトケージなどは他の荷物と接触した際、潰れてしまう可能性が高く、ペットの安全を確保できないため乗車する際のケージとしては不適合であるということです。その為、樹脂繊維でできているケージが金属でできているケージが望ましいです。

また、ケージなどは各航空会社に一応予備がありますが、必ずしも予備が用意されているわけではありませんので場合によってはケージが不足し用意できない場合もありますので、ペットを入れるケージについては事前に用意をしておく必要があります。

また、航空会社が用意しているケージも大きさがあり、場合によってはペットの犬に適合しない大きさであることもありますのでいずれにしろ、自分でケージを用意することが一番ペットの安全につながります。

 

スポンサーリンク

搭乗時の注意について

ペットを航空機に乗せる際、必ずと言ってよいほど書かされるものがあります。これは誓約書で同意書と確認書を提出しペットを預け入れ、その後目的地にてペットを引き渡すという契約書をかかされます。

 

誓約書の内容について

この誓約書ですが、ペットに対して何か健康上のトラブルや事故につながることが起きた場合、航空会社は一切の責任を負わないからそれについて了解してくれたら登場を許可しますという誓約を書きます。この誓約書が空港内で受諾されることで初めてペットが航空機に乗車することができるようになりますので、最終的にはこの誓約書の内容について受諾できるかどうかになります。

その為、ペットについて何かトラブルが起きた際の責任などで不安がある場合は乗車をさせずにペットを空港で預かってもらうか、ペットは旅客機に初めから同情させないという手法を取るなどをする必要があります。

これは、航空会社にとってもペットの扱いについて細心の注意を払っても起きる事故については責任を終えないということもあり、この問題については飼い主がどのくらいこの起こり得る問題について許容できるかどうかにかかっているということです。

 

どうしようもない場合以外は預けたほうが安心

その為、どうしても、飛行機を使用して移動しないといけないという場合、ペットを知人に預けるなどの他家族に預けて自分だけ飛行機にて移動をするということも検討しなければならないことも考えておきましょう。

 

スポンサーリンク

預かってもらう際の事故も自己責任

空港などにあるペットを預けることができる施設ですがこちらも同様、環境が変化したことで起こり得る事故について責任は一切負いませんので注意が必要です。中にはペットに問題が起きた際に連絡をして治療が必要であれば治療をするペットシッターというペットを預ける施設もありますが基本的に死亡してしまった際の責任は、負えないので注意です。

ただし、ペットの状態が急変する環境下であったなどの他、ペットが急変する環境を作ってしまった場合においては過失を問えますが、業務を停止させるなどの処分でしかなくペットは帰ってこないので基本ケガなどのついては、施設によっては対応してもらえますが死亡してしまった場合は責任を終えないので注意が必要です。

あくまで、空港内もしくは周辺にあるペットの宿泊施設はお世話をするだけで病気などの他容体が急変するなどのトラブルが起きた場合、対応できる施設とできない施設があり、最悪死亡した場合責任を負うことができないので施設を利用する場合、そのことを頭に入れてから施設を利用し、できるだけペットの容体が変化しても対応できる施設を利用することが重要です。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました