飛行機に乗ってむくみがでたら!むくみを素早く治すコツ!!

長時間、飛行機に乗った人は経験があると思うのですが、飛行機に乗っている時にでてくるのがむくみです。むくみがあるのとないのでは快適さが違います。

今回はそんなむくみの対策をお話します。

 

飛行機の中での大敵‼︎ むくみ

飛行機に乗って海外旅行へ行くのってウキウキしますよね。映画を見たり、機内食を楽しんだり…飛行機に乗っている時間は非日常を味わえる楽しい時間です。

しかし、そんな楽しい飛行機の中には大敵が潜んでいます。それは、むくみです。多くの方が飛行機でのむくみに悩まされるのではないでしょうか。長い時間ずっと同じ姿勢でいると体も疲れます。数時間の短い距離のフライトならまだ我慢できても、長時間のフライトともなると、むくみは本当に辛いですよね。

 

スポンサーリンク

むくみの原因とその対策とは!?

体の中で、足は最もむくみやすい部位の1つです。足は心臓との距離が遠いために、体内の血液の流れが悪くなりやすいことが主な原因となります。足がむくんでパンパンになると、靴がきつくなって履けなくなったり、履けても歩くたびに痛くなります。

飛行機を降りて乗り換えがある場合などは広い空港の中を歩いて移動することになるので、そんな時に足がむくんでいると一苦労です。また恐ろしいことに、むくみが原因となってエコノミー症候群を引き起こす可能性もあるのです。

ずっと楽しみにしてきたフライト、そして旅行を目一杯楽しめるように、少しでもむくみを軽減し、素早く直すコツを見ていきたいと思います。ではそもそも、どうして飛行機に乗ってむくみができてしまうのでしょうか?大きく分けて3つの原因を見ていきたいと思います。

 

むくみの原因1〜長時間同じ姿勢でいるから

飛行機に乗ってむくむ原因としてまず考えられるのは、長時間ずっと同じ姿勢でいるということです。飛行機に乗っている時だけに限らず、地上にいる時でも、例えば長時間の立ち仕事やデスクワークなどをしている方の多くが、むくみに悩んでいます。

長時間ずっと同じ姿勢でいると血行不良になって足がむくんでしまったり、体に疲れが溜まってきますよね。飛行機の中ではその現象が起きやすくなります。特に飛行機のエコノミークラスの座席は狭く、体を動かせる範囲が制限されてしまうため、どうしても同じ姿勢のまま長時間座り続けなければなりません。それが原因となって体内で血行不良が起きてむくみが生じてしまうことがあります。

 

むくみの原因2〜乾燥&水分不足

飛行機の中は平均湿度が10%~20%と非常に湿度が低くとても乾燥した環境となっています。そういった環境でただ座っているだけでも、気づかないうちに体の水分が失われてしまい、水分不足によって血行が悪くなってしまうことがあります。さらに、機内の気圧は高度が上がるとともに変化していくので、それも体内の血流が悪くなりむくみやすくなる原因となります。

中には、トイレに行く回数をなるべく減らすために、極力水分を飲まないようにしてしまう方もいるのではないでしょうか。しかし、水分不足を感じた身体は水分を溜め込んでしまうのです。結果としてむくみを生じさせてしまうことになります。

むくみを軽減させるためには適度に水分を飲んで流すことが必要になります。また、水分補給を控えてしまうと体の水分量が低下し、血がドロドロになり、むくみよりさらに怖い、エコノミークラス症候群を発症する可能性も高くなるので注意しなければなりません。

 

むくみの原因3〜体が冷えるから

飛行機の中では、体温調節がなかなかうまく出来ないことがあります。特に夏場や、また航空会社によっては常時エアコンが効きすぎていることも多く、冷気で体が冷えてしまい、それによる血行不良でむくみを引き起こすことがあります。

ここまでで、むくみの原因について見てきました。では、むくみを防ぐ・解消するための実際的な方法と、素早く直すコツについて考えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

役立つ!事前にできるむくみ対策

まずは、飛行機に乗る前に事前にしておける対策法を見てみましょう。

 

出発前に、足にシャワーを当てる

出発前に、冷水シャワーと温水シャワーを交互に足に当てるようにすると効果的です。冷水と温水を交互に当てることによって、血液やリンパの流れを促進させることができ、むくみを抑えることができます。飛行機に乗る数日前からしておくとより効果がでるでしょう。

 

服装選び

体をむくませないためには、血行不良を防ぐことが何より大切です。そのために、なるべくスカートを履いたり、フライトソックスを履くことでむくみ防止につながります。

パンツスタイルだと血管を締め付けてしまい血流が悪くなります。少しでも血流の流れを良くするため、太ももやお腹周りを締め付けないラフな服装を準備しておくと良いです。

フライト前の準備が整ったら、次は飛行機の中でできるむくみ解消法です。

 

水分補給

水分不足がむくみの大きな原因になるという点について考えました。1時間に1度コップ1杯程度の水を飲むようにし、意識的に水分を補給するようにしましょう。コーヒーよりも温かいお茶やミネラルウォーターを、またアルコール類であれば、ビールよりもワインの方が良いです。

 

足を高い位置に置く

足の下に物を置いて足を高く上げておくと良いです。座席で体育座りをしてみるのも効果的です。なるべく工夫して足を高い位置に持ってくることで、血流が下半身に停滞するのを防いでくれます。

 

スポンサーリンク

むくみを素早く直すコツ!

事前に対策をしていても、やはり完全に避けることはできないのがむくみです。そんな時は、簡単にできる体操・ストレッチをしてみましょう。むくみを防ぐためには、まずは足を動かすことが必要です。

 

簡単なケア方法はストレッチ

例えば、足の指をおもいっきり開いたり閉じたりを繰り返します。また足首を回したり、つま先を伸ばしたり、かかとを上げたり下げたりするのも効果的です。

ふくらはぎをほぐすように揉んでみるのも、素早く直すコツです。ふくらはぎは足の中でも大きな筋肉なので、そこをマッサージすることで血液の流れを促すための効果が得られます。1時間おきに3〜5分程度のマッサージをしておくと、むくみを直すのが楽になります。

幾つか見てきたむくみ防止・むくみを素早く直すコツを実践して、楽しいフライトになりますように!

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました