【インド】コンセントのタイプと電圧について!iPhoneを充電するには何を持っていけば良いか?

インドに行く時に注意しなければいけないのは、コンセントのタイプです。

iPhoneやスマホ、パソコン、カメラなどは全世界対応のため、電圧は気にしなくて良いです。

そのため、気にするのはコンセントのタイプだけです。

インドのコンセントのタイプはCタイプが主流です。

インドのコンセントのタイプはCタイプと言って、コンセント側には丸い穴が2つある形状が特徴です。(これが主流です。)

他にはB3/B/BFタイプも使われたりしています。

これらプラグがあれば、インドではiPhoneなどは問題なく充電できます。

スポンサーリンク

インドの電圧は220V-240V

インドの電圧は220V-240Vです。(周波数は50Hz)

iPhoneやカメラ、パソコンなどは100‐240ボルト対応なので、全く問題なく充電することができます。

確認方法はこのように充電器に100-240Vと記載されれば問題なく使えます。

日本の電圧

日本は100V、周波数は50/60Hzなので、日本のドライヤーなどの電気製品をそのままではインドで使用することができません。

日本のドライヤーなどワット数が高い電気製品は使えないのでご注意を!!

【知らなきゃ損】ドライヤーと変圧器を海外旅行に持って行っても意味が無い理由とお勧めの海外対応のドライヤー
海外旅行へ行った時、ホテルのドライヤーがショボいと感じた時はありませんか? 海へから帰.....

この全世界対応マルチプラグはめちゃくちゃ良くて、どこの国でも使えます。

インドのようにコンセントのタイプが複数ある場合は、マルチプラグを持っていくとコンセントのタイプを気にする必要がありません!!

また秀逸なのが、USBポートが4つも付いていることです。これなら、友人や家族と一緒の旅行でもこれ一つで充電ができます。

これを使えば、日本での充電器がそのまま使えます。

値段もお手頃です。
100均情報ですが、最近の100均はすごくて、海外変換用プラグも売っています。ただ、BFタイプ以外の変換プラグは100円ショップのダイソーで買えますが、何故かBFタイプだけは売っていないのです。

【海外】100円ショップで買える変換プラグのレビュー
海外へ行く時に必ず必要になるのが、変換プラグです。 iPhoneなどのスマホの充電やパ.....

【追加情報】インドのSIMカード情報

インドではAmazonでSIMカードを買うとレンタルWi-Fiよりも安くインターネットができます。SIMフリースマホがあればこちらの方法が圧倒的に便利です。
インドのSIMカードの値段はめちゃくちゃ安いです。

気になったらリンクを見てみてください。その安さに驚くはずです。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

08.インド
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました