【完全解説】飛行機でiPhoneは充電できるの?飛行機での充電方法とは!?

飛行機に乗ったは良いけど、バッテリーの残りが少ない。。。

目的地に着いたら、写真をいっぱい取るので、飛行機に乗っている間に充電したい!!

このように考えている人はたくさんいると思います。

 

iPhoneを含めたスマホ、PC、カメラなど電子機器のバッテリーって重要ですよね!!しかも、長時間のフライトだと飛行機内でもスマホを使って、目的地に着いたらバッテリーの残量が残りわずか。。。なんてことは絶対に避けたいですよね。

 

そこで、世界一周の経験もある僕が、飛行機に乗った時に充電はできるのか?会社別にスマホの充電ができるかどうか?を詳しく解説します。

 

結果から言うと、充電はできます!!但し、注意が必要!

飛行機内では、スマホを充電することは可能です。

但し、飛行機にコンセントがついているかは航空会社によって違います

 

ベストは、自分の座っている座席にコンセントがあれば、問題なく電子機器を充電することができますよね。

このように座席にコンセントがついている飛行機は増えてきているのですが、残念ながらコンセント設備が整っていない飛行機もまだまだあります。

 

スポンサーリンク

飛行機にあるコンセントの種類

飛行機の座席についているコンセントは大きく分けて2種類です。

  • ACコンセント
  • USB電源

ACコンセント

飛行機についているコンセントになります。

日本のコンセントの形も対応することができるタイプなので、スマホ以外にもPCやその他の電子機器を充電することができます。

USB電源

最近はUSB電源がついている飛行機が多くなってきました。

このようにUSB電源がついています。

iphoneのライトニングケーブルやマイクロUSB、タイプCなどのUSBから供給するタイプなら問題なく充電することができます。

問題はPCなどだと充電することが難しいことくらいです。

 

電源コンセントがある飛行機とない飛行機はどうやって調べるのか?

飛行機には電源コンセントがある飛行機とない飛行機があります。

それでは、自分が乗る飛行機に充電設備があるかないか?はどうやって調べるのでしょうか?

 

これは利用する飛行機会社と機体番号が分かれば、事前に充電設備があるかないかは調べることができますが、普通の人は航空会社はわかっても、機体番号までわかっている人は多くないでしょう。

ですが、僕がわかりやすく場合分けしたので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

国際線はコンセントの設備が整っている

国際線と国内線どちらの飛行機の方が電源コンセントが多いかというと国際線です。

国際線は長距離の移動ということもあって、設置率が高いです。僕が海外へ行く時はほとんどの確立でUSB充電ができる機体に当たっています。

国際線を利用する時は、大抵大丈夫ですが、やはり機体によっては充電設備がない場合もあります。

 

LCCは基本的にはついていないと思ってください。

LCCは国際線であっても電源設備がついていない可能性が高いです。

一部の機体にはついているのですが、航空会社によって全くついていない会社もあるので、LCCに載る場合はほぼついていないと考えてください。

 

スポンサーリンク

国内線も増加傾向にある!

最近は飛行機内でもWi-Fiが使えるようになってきたので、電源がついている機体も増えてきたのですが、やはりまだついていない機体もあります。

ANA、JAL、スカイマーク、スターフライヤーの4社はほとんどの機体で付いています。

 

国内線ではLCCはほぼ全滅

国内線のLCCは全滅です。

もし、LCCに乗る場合は、電源の事は諦めてください。

 

スポンサーリンク

飛行機内で充電したい場合はモバイルバッテリーを携帯しよう

飛行機内で充電したい場合は、モバイルバッテリーを持ち込むことをお勧めします。

僕は、飛行機に乗る時は必ずモバイルバッテリーを携帯します。

 

もし、飛行機で充電設備があればラッキーですが、ない場合もあるので、やはりモバイルバッテリーを持っていく方が安心です。

最近のモバイルバッテリーは優秀で、一回の充電で複数回の充電ができるので、iPhoneだけでなく、カメラなども充電できるので、僕は旅行には必ず持っていきます。

これなら飛行機で電源があるかということを事前に調べる必要もないので、旅行には欠かせないアイテムです。

注意:全てのモバイルバッテリーが持ち込めるわけではない

モバイルバッテリーですが、基本的には機内に持ち込むことができますが、注意して欲しいのは容量が大きすぎると機内に持ち込むことはできません

 

容量についてですが、43243mAh以上のものは持ち込むことができません。

ちなみにAmazonで43243mAh以上のもの調べてみるとアウトドア用の5キロ以上するようなバッテリーの事なので、これを持ち歩く事はないと思います。。笑

 

また、モバイルバッテリーは預け入れ荷物に入れることもできません。

これは、リチウム電池のバッテリーは預け入れ荷物に入れることができないので、注意が必要です。

 

スポンサーリンク

飛行機と充電に関するまとめ

  • 最近は飛行機内でも充電ができるような機体が増えてきた。
  • 国際線はLCC以外なら充電できる確率が高い。
  • 国内線はANA、JAL、スカイマーク、スターフライヤーなら充電できる機体が多い
  • 国内線のLCCは全滅。
  • モバイルバッテリーを持ち歩くのが一番賢い。

飛行機に乗る時は是非、モバイルバッテリーを持ち歩いてください。

 

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました