【モデルルートを公開】ジェットスターで宮古島の下地島空港からレンタカー観光とお勧めスポットを紹介

9月末にジェットスターで宮古島へ行きました!

成田空港から飛行機の値段が往復で16000円と激安だったために、速攻で予約したのですが、宮古島には2つの空港があり、中心地にある宮古空港ではなく、下地島空港という空港の発着でした。

その時の情報になります。

 

ジェットスターの発着は下地島空港


下地島空港は最近できた新しい空港です。

宮古島の本島へは、伊良部大橋という3キロほどの橋を渡って行くことになりますが、この橋がめちゃくちゃ有名な橋になります。


伊良部大橋は無料で渡れる橋としては、日本最長の3540mです。この橋を車でドライブするのはめちゃくちゃ爽快です。

僕が行った時は、多少曇っていましたが、それでもテンション爆上げでした。

 

下地島空港は街から離れていると思いきや、宮古空港という街のすぐ隣にある空港へもたった30分しか離れていないので、移動もそれほど苦ではかったです。

 

スポンサーリンク

移動はバス?レンタカー?どちらがお勧めなのか?

下地島空港からの移動は主に2つです。

バスもしくはレンタカーです。

※タクシーは今回選択肢に入っていなかったので割愛します。

 

バスを利用した場合の移動方法

調べてみるとバスは飛行機の発着に合わせて、あります。

到着してからのバスもありますし、空港へ戻る時もバスはあります。

値段も安く、降車場所によりますが、だいたい500〜700円です。

 

バスは日に2本しかなく、飛行機の時間に合わせて運航されます。

空港出発の時刻
  • 10:50発
  • 17:15発

時刻表と料金のリンク

バスのルートのリンク

ただ、レンタカーなら30分の距離でも停車や遠回りするので倍の1時間ほどかかります。

 

レンタカーを選んだ場合

もう一つの手段はレンタカーです。

ぶっちゃけ、宮古島での移動は色んなところへ行きたいならレンタカーがマストです。

 

僕は自由に行き来したかったので、レンタカーを選びました。

予約はじゃらんが安かったので、じゃらん経由で予約しました。

トップシーズンではなく9月末という事で3泊4日で12000円、じゃらんの2000円オフのクーポンもあったので、結果1万円で借りる事ができました。

これには保険料金は入っていますが、免責事項はプラスでお金が必要です。

免責事項とは、車が事故した場合に、そのレンタカーを使えなくなるためにレンタカー会社に支払うお金です。

※正確には違いますが、そんな感じです。

 

この免責でだいたい1日1000〜1500円かかります。

 

僕は迷わずレンタカーを選択

今回の旅行で思いましたが、いろんなところへ行きたいならレンタカーは必須でした。

宮古島は中心街以外に魅力的なスポットがたくさんあります。

流石にこれをバスで移動するのは大変です。

 

スポンサーリンク

お勧めのモデルルート

僕がお勧めするモデルルートです。

移動はレンタカーメインで、宿泊場所は中心街を想定しています。

 

到着1日目のお勧めルート(下地島&伊良部島観光)

下地島空港

→17END

→通り池

→中の島ビーチ

→伊良部そば かめ

→佐和田の浜

→フナウサギバタナ

→サバウツガー

→牧山展望台

→伊良部大橋

→ホテル

下地島は宮古島よりも海が綺麗です。

特にお勧めは、書いておきますね。

 

17END


17ENDという海が綺麗に見えるスポットがあります。

まずはこちらに行く事をお勧めします。


ここはエメラルドグリーンに見える海と、途中までしかない橋があります。

※橋ではなかったです。

そして屈指の夕日スポットです。本当にここはお勧めで、是非行ってください!

 

通り池


次は通り池です。

ここは池と言われていますが、実は外の海とも海底の洞窟でつながっています。

もともと海岸にあった鍾乳洞が、波によって侵食されて大きくなり、天井が崩落して通り池ができたと言われています。

そして、ここはダイバーの中では有名なスポットであり、和製ブルーホールなんて呼ばれているらしいです。

 

中の島ビーチ

通り池の次は、中の島ビーチを周ります。17END、通り池、中の島ビーチは車ですぐの距離なので、レンタカーであれば、流れでそのまま観光できます。

ここはシュノーケリングスポットで僕もここでニモを見ました。

写真にも船が映っているのがわかると思いますが、シュノーケリングツアーでもここに来るらしいです。

 

伊良部そば かめ

ランチには「伊良部そば かめ」という有名なソーキそばのお店がありますので、こちらに立ち寄りました。

このお店には有名人も訪れており、何名もの有名人の写真やらサインがありました。

ご飯を食べた後は島をゆっくり回ってみるのをお勧めします。

夕方前には伊良部大橋を渡り、宮古島へ向かいます。ホテルにチェックインして、良さげな居酒屋にでも入ってみるのはどうでしょうか?

 

2日目のお勧めルート(ウミガメ探索とシュノーケリング)

ホテル

→新城海岸

→東平安名崎

→シギラビーチ

 

二日目はウミガメを見るために新城海岸へ

満潮時の方が亀を発見しやすいので、朝から向かいます。満潮の時間については日によって変わりますので、調べてから言った方がよいです。

他にもウミガメが見えるスポットはたくさんありますんが、ここでは到着30分で見ることができました。

また、新城海岸でもウミガメが見れる箇所は限られているので、そこへ行かないと見ることは難しいです。

ここいらにウミガメの餌である海藻があるので、ここにウミガメが食べにくるのです。

 

東平安名崎で絶景を!


宮古島の端。透明な海と島の端っこということで、テンションがMAXになります。

そして海が奇麗すぎます。

亀を見たあとは、東の端の東平安名崎で景色を堪能してください。

 

シギラビーチでゆっくりシュノーケリング


ここでお昼ご飯も食べれるし、食べた後はビーチでのんびりシュノーケリングができます。

シギラビーチは公共のビーチですが、すぐ隣にホテルが隣接しており、すごい整っています。

無料のシャワーやお金を払えばパラソルなんかも貸してくれます。

しかも、海の透明度も魚の種類の豊富さも宮古島の中では最高峰です。

夕方になればホテルに戻り、一休みして美味しいご飯を食べに行きます。

 

3日目•4日目のお勧めルート(池間島・来間島などの車で行ける離島へ!!)

ホテル

砂山ビーチ

HARRY’S Shrimp Truck

→池間大橋

→フナクス

→OHAMAテラス

3泊目の夕方もしくは4泊目が帰宅の日になると思うので、最後の日は池間島へ!

 

砂山ビーチで絶景を!

宮古島でも絶景ポイントの砂山ビーチです。駐車場から少し距離がありますが、それでも行った方が良いスポットになります。

僕が行った時は残念ながら波が強くて、誰も入っていませんでした。

 

 

池間大橋を通って、池間島へ


池間大橋は歩道があるので、橋も歩くことができます!

サイズこそ伊良部大橋には勝てませんが、それでも1キロ以上はある橋です。ここでは歩道がありますので、安全に徒歩でもわたる事ができます。

 

HARRY’S Shrimp Truckでハワイアン気分を!

ガーリックシュリンプが食べれるお店(トラック)です。

ここのガーリックシュリンプは本当に美味しかったです。是非食べてください。

フナクスでもシュノーケリング

フナクスは僕が宮古島へ行った中で雰囲気が1番良かったです!

でも、何故か人が全くいないポイントでした。本当に誰もいなくてプライベートビーチ感がMAXでした。

透明度は高いですが、シギラビーチと同じくらい。誰もいない雰囲気が良いです。

 

帰りはOHAMAテラスでドリンクを飲んで、眺めを堪能!

OHAMAテラスは帰り際に寄るのがよいでしょう。雰囲気と眺めが良いので、ゆっくりドリンクを飲みました。

ここからは池間大橋も見ることができますし、満潮時にはテラスからウミガメの姿もわかるらしいです。

 

オプションで来間島へ!(猫の舌ビーチ:パチャビーチがお勧め)


可能であれば来間島へ!猫の舌ビーチというところがあるのですが、宮古島ではここが1番、透明度が高かったです。

ここはダイバーの人がよく行くスポットなので、透明度も高いし、少し行けば水深も深くなります。

立地的に2日目のシギラビーチの帰りに寄るのがちょうど良いですが、時間と相談して行ってみてください!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?下地島空港からレンタカーを借りれば、効率的に回ることができます。

宮古空港のほうが立地的に良いですが、下地島空港からレンタカーを借りてもそんなに変わりません。

むしろ飛行機の値段は圧倒的に安いです。

 

また、僕が使ったモデルルートは結構お勧めです!

是非、宮古島を楽しんでください!!

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

宮古島
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました