飛行機のチケットって払い戻しができるの?

飛行機に乗る予定だったのに、急用や体調不良などさまざまな事情で乗れなくなることもあります。

そのような時、チケットの払い戻しは可能なのでしょうか?

 

事情や利用する航空会社によっては不可能な場合もありますが、飛行機のチケットは払い戻しも可能です。

ではどのように払い戻してもらえばいいのか、手数料はどれくらいかかるのかなど、飛行機チケットの払い戻しについて詳しく見ていきましょう。

 

飛行機チケットは基本的には払い戻し可能!

飛行機のチケットは、基本的には払い戻しが可能です。欠航の場合はもちろん、利用者の都合での払い戻しもできます。

JALやANAなど大手の航空会社では、払い戻しを受け付けています。ただし、格安プランでは払い戻しができない場合もあるので注意しましょう。

 

払い戻しができない可能性があるのは、格安航空会社を利用する場合です。

利用者都合での払い戻しには一切対応していない格安航空会社もありますので、予定が変わる可能性がある場合は払い戻しが可能な航空会社を選んで予約しましょう.

 

スポンサーリンク

払い戻し際には手数料が必要

飛行機のチケットを払い戻してもらう場合、取り消し手数料や払い戻し手数料など、所定の手数料がかかります。

手数料に関する規定は利用する航空会社によって異なるので、確認が必要です。

 

格安チケットは、手数料が高額な傾向にあります。また、取消が早いと手数料も安い場合が多くなっています。

飛行機が欠航になった場合は、原則手数料無料での全額払い戻しが可能です。

振替も可能なので、都合に合わせて選択しましょう。

 

健康上の理由の場合、病院で診断書をもらっておけば払い戻しが可能なケースもあります。

 

チケットの払い戻し方法

チケットの払い戻し方法は、チケットの支払方法に応じて異なります。

JALを例に方法を見てみましょう。

 

クレジットカード・e JALポイントで支払いをした場合、JAL Webサイト・電話・カウンターで手続きができます。

コンビニ払い・ATM・インターネット振込の方法で現金で支払いをした場合も、JAL Webサイト・電話・カウンターでの手続きが可能です。

カウンターで現金で購入した場合は、電話またはカウンターでの対応となります。

このように、チケットの購入方法に合わせた方法で払い戻しをしてもらう必要があります。

チケットの払い戻し期間

飛行機のチケットの払い戻しには期限があり、期限内に手続きをしないと無効になってしまいます。飛行機に乗れないことがわかったら、早めに手続きをしましょう。

払い戻しが可能なのは、航空券の有効期間内です。航空券の有効期間は運賃などに応じて異なります。

 

有効期間が終了してからは、10日以内までと決められているケースが多く見られます。

飛行機が欠航になった場合は、払い戻しが可能な期間が長く設置されていることもあります。

 

スポンサーリンク

払い戻しの際に必要なもの

払い戻しの際には、搭乗する予定の便や予約番号・確認番号などがわかるものが必要です。

航空券や認証コードなどで対応できます。

 

クレジットカードでチケットを購入した場合は、クレジットカードも必要です。

コンビニで購入した場合はレシートが求められますので、大切に保管しておきましょう。

払い戻してもらうお金は、基本的には支払った方法で返金が行われます。クレジットカード払いで購入したらクレジットカードで返金され、カウンターで現金で購入した場合はカウンターで現金を受け取ります。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました