スカイマークのチェックインは何分前?ANA/JALと違うの?

飛行機の予約を取る際、分からないことが多く悩んだことはありませんか。

航空会社の種類も多く、手続きも各会社異なるため、複雑だと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

飛行機に乗り慣れている人は少ないので、悩んだり不安になったりする人は多いものです。

今回は、日本の航空会社の一つ「スカイマーク」についてご紹介します。この記事を読んだら、乗ったことがない人でも安心してスカイマークに搭乗できるようになります。ANAやJALとの違いなどもお伝えしていきます。少しでも理解が深まれば嬉しいです。

スカイマークってどんな会社?

1996年に設立された国内の航空会社です。

昔から日本国内では、主に大手航空会社である日本航空、全日本空輸が国内の航空運送事業を担っていました。

 

そこにスカイマークが国内線市場へ参入し、価格やサービス面での競争を生み出しました。

飛行機の運賃は昔から割高だったため、利用者にとっては嬉しい変化でした。

 

以前のスカイマークは、サービス面よりも安全面優先というのが会社全体の方針でした。そのため安かろう、悪かろうといった印象をお持ちの方も多いかもしれません。

しかし、社内の改革などを経て、現在では大手に見劣りしないサービスを提供し、定時運航率1位を3年連続獲得する会社へと成長しました。

スポンサーリンク

スカイマークはLCCなの?

LCCとはLow Cost Carrier(ローコストキャリア)の略称で、いわゆる格安航空会社のことです。

LCCはサービスを簡略化している分、大手航空会社と比較すると運賃が安いのが最大の特徴です。

 

スカイマークも運賃が安いため、LCCだと認識されている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、スカイマークはLCCではありません。

機内の座席間隔が広いところや、機内サービスが充実しているところなどLCCとは大きく異なります。スカイマークとは大手航空会社のグループに入ることなく、独立して運航している第3の航空会社という分類になります。

スカイマークのチェックインは何分前?

チェックインに関してスカイマーク公式サイトでは、「自動チェックイン機または、空港カウンターにて出発時刻20分前までにお済ませください」と記載があります。この通り基本的には20分前ですが、例外もあります。

それは飛行機が遅延している場合です。

 

何らかの事情で出発時刻が遅れているとき、出発時刻変更に伴いチェックイン締め切り時間も変更になります。

20分を切っていてもチェックインを受け入れてくれる場合もあります。ただしそういった事例は稀ですので、基本的にチェックインは出発時刻20分前までと覚えておきましょう。

スカイマークはどの空港でも、カウンターや自動チェックイン機の数が限られています。混んでいると、並んでいる間にチェックインが閉め切られてしまう可能性があります。

特に繁忙期は、最低でも30分前にチェックインを完了させるつもりで計画を立てることをお勧めします。

ANA/JALとは違うの?

チェックイン時、ANA/JALとスカイマークでは大きく違う点があります。

それは必ず空港カウンターや自動チェックイン機で、搭乗券を受け取らなければならない点です。

 

ANA/JALはチケットの予約と支払い、事前座席指定が完了後、二次元バーコードが手元に届きます。

その二次元バーコードがあればカウンター等に立ち寄らず、まっすぐ保安検査場へ行くことができます。

ただ残念ながら、スカイマークにはこの制度がありません。必ず空港カウンターもしくは自動チェックイン機に立ち寄り、搭乗券を発券しなければなりません。スカイマークに乗り慣れていない方は、特に注意が必要です。

スカイマークの予約方法や支払い方法、座席指定の方法とは?

スカイマークの予約方法は、大きく4つあります。

ネット、電話、空港カウンター、旅行代理店での予約です。

 

支払い期限は、予約した日や搭乗日によって異なります。支払い期限が過ぎると自動的に予約が取り消されてしまうので、事前に確認しておきましょう。

支払い方法に関しては、予約の仕方によってクレジットカードや現金、コンビニエンスストアなど選ぶことができます。ネットと予約センターはクレジットカードかコンビニエンスストア、空港カウンターではクレジットカードか現金での支払いです。旅行代理店については、購入する店舗によって異なります。

予約と支払いが完了すれば、ネットから事前座席指定が可能です。ただ事前に座席指定し忘れても、当日チェックインの際に座席を選ぶことが可能ですので安心してください。

最後に僕が使っている海外旅行にお勧めのサイトをご紹介

僕が海外旅行に使っている便利なサイトのリンクを張っておきます。

どうやってそんなに安く海外に行っているの?と聞かれるので、こちらのサイトをチェックしてみて!といつも答えています。

Skyscanner(スカイスキャナー)

スカイスキャナー
スカイスキャナーというサイトを使っています。

これはめちゃくちゃ便利な航空券比較サイトでUIもわかりやすいし、ほぼ最安値を検索できます。

僕はこれでハワイまで往復8万円、アメリカ本土まで往復6万円で購入しました。

とりあえず、これで検索しておけば問題ない。

Booking.com(ブッキングドットコム)



Booking.com

Booking.com(ブッキングドットコム)という全世界のホテルが日本語で予約できるサイトです。

特にヨーロッパ・アメリカに強いです。

宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

エポスカード



このエポスカードは海外旅行傷害保険付帯がついているクレジットカードです。

海外旅行の保険が無料でついてくる優れもののカードです。

短期の旅行ならこれがあれば、保険は問題なし。しかも年会費無料なので、作って損はなし。

エポスカードの詳細はこちら。

 

レンタルWiFi(jetfi)

jetfiというレンタルWiFiです。

イモトのWiFiよりも安いのが特徴です。

レンタルWiFiは海外の業者電波を使うので、スピード自体はどこも変わりませんので、安いの方がお得です。

トリップアドバイザー

【c】【公式】トリップアドバイザー

TripAdvisorは海外の情報を集めるのに使っています。日本のWebサイトに載っていない情報も出ていますので、重宝しています。

LINEモバイル

旅行サイトではないですが、日々の携帯代を安くしています。海外に長くいても携帯代が安いLINEモバイルはコストをかけないためにも重宝しているので、海外生活が長くても使えます。

得する飛行機術
スポンサーリンク
What will be will be

コメント

タイトルとURLをコピーしました