世界一周にドローンを持っていくのはアリなのか?まだまだやっている人は少ない

この間、1年3ヵ月の旅を終え、日本に帰ってきました。

その中で思ったのが、ドローンを持って行っておけば良かったと思いました。

 

旅とドローンの相性は抜群

旅へ行くと思うのが、やっぱり景色が綺麗だなー。と思います。

この景色を写真や動画に収めたいと思って、写真や動画に取るわけですが、やっぱり空撮したいと思っちゃうんです。

 

スポンサーリンク

世界一周でドローンを使っている人は少ない

そして何よりドローンを使う人ってまだまだ少数なんですよね。

外国人ではドローンを持っている人は結構いるのですが、日本人でドローンを持っている人って凄く少数で僕が旅で出会った日本人でドローンを持っていたのって1年3ヵ月でたった2人だけなんですよね。

 

しかも、その二人も結構特殊で、チャリでアメリカ大陸から南米大陸を縦断している人だったり、ワーホリに行く前に短期で旅をしている人でした。

僕がやっているような世界一周とはまた違った旅のスタイルでドローンを使っているので、実質的にはドローンを持って世界一周をしている人は皆無なんじゃないかと思いました。

 

ドローンを持っていくにはハードルが高い

僕がなぜドローンを持って行かなかったかというとドローンを持って移動するのは中々ハードルが高いからでした。

例えば、高性能なドローンはある程度の大きさがありますし、重いです。

これを飛行機で持っていくとなると荷物料金がかかりますし、盗難の可能性もでてきます。

 

このようなリスクがあったので、僕はドローンを持っていくのをやめたのですが、今となっては持っていけば良かったな!と思いました。

 

スポンサーリンク

ドローンを持っていけば良かった理由

実はドローンを持って世界一周をしていた人たちがいます。YouTubeで動画をみていたのですが、ドローンの動画の迫力に圧倒されました。

ちょっとこの動画をみてください。

Guatape | Silent Dronie (Selfie+Drone) Clip

動画は足元から始まりますが、次第に遠くになっていき、最後は全体を見渡せるような構成になっています。

なんかもう、綺麗すぎてドローンが欲しくなっちゃいますね。こんな風景をデータで残せるなら持っていけば良かったと思いました。

 

ドローンを使ったYoutuberも良いかと思う

今ではかなり有名になった職業と言えばYoutuberです。

僕が旅を始めた時はYoutuberという職業はありましたが、まだまだそんなに稼げるとは世間が気付いていなかった時でした。

 

今なら、「旅×ドローン」というかなり尖ったコンテンツになると思います。しかも動画が綺麗なら見てくれる人も多いと思います。

 

スポンサーリンク

お勧めのドローン

そんなんで僕もドローンが欲しくなってしまったので、ドローンについて調べました。

もし、買うとなったら必須な機能があります。

  • スマホと連携
  • 撮影中の動画がリアルタイムでみれるか
  • ホバリング機能があるか
  • GPS機能があるか

これを全て満たすのをお勧めします。

一番有名なのはファントムです。

世界で一番有名ですが、値段が可愛くないですが、それほどまでに高性能なんです。買って損したと思っている人はいないんじゃないでしょうか?

 

更に値段を落として、使えるレベルになるとこのくらいの値段になります。一昔前よりもだいぶ高性能な機種が安くなってきたのも嬉しいポイントです。

 

更に値段を落としたら2万円台でも十分高性能なものが買えます。

 

GPS機能や自動で戻ってくる機能をそぎ落とせば1万円を切った値段でもドローンは買えます。入門機としての性能は十分でしょう。

これでも50mの操作は可能ですので。

 

旅をしている間にドローンで空撮して、稼ぐことも可能です。

ドローン以外にも旅で稼ぐ方法に興味があれば、こちらの記事も参考になるかと思います。

世界一周中に稼ぐ方法!もし2度目の世界一周へ行くなら僕はこれをして行く
・・・続きを見る

海外旅行にお勧めのサイト

スカイスキャナー

僕は飛行機の予約は基本的にスカイスキャナーを使っています。複数の比較サイトを見ていた時期もありましたが、何だかんだで最安値を見つけるにはスカイスキャナーが一番安かったです。

僕はスカイスキャナーでサンフランシスコ往復6万円台や、ハワイの往復がレガシーキャリアで8万円で予約できました(もちろん燃油サーチャージや税金込の値段です。)

 



Booking.com



 

Booking.com(ブッキングドットコム)全世界のホテルが日本語で予約できるサイト。特にヨーロッパ・アメリカに強い。宿泊プランもたくさんあり、キャンセル料が無料なのも強み。

 

 

 

agoda(アゴダ)も全世

にネットワークがあり、Booking.comかagodaで最安値のプランは大抵調べることができる。個人的には東南アジアならagodaの方がホテル数が多い。それにクレジットカードで事前決済可能。カスタマーサポートも日本語で対応してくれる神サイト。

 

そして、こちらでは人気のトラベル用品を紹介しています。是非、最新の便利グッズを見てください。

世界一周旅行記
スポンサーリンク
What will be will be
タイトルとURLをコピーしました