得する引き出し方海外でクレジットカードの引き落しは現地通貨にしたほうがよい理由

スポンサーリンク

海外でATMでクレジットカードでキャッシングをしたことがありますか?

これが海外で現地通貨を取得するのに一番良い方法なのは前回の話でしました。

ですが、注意事項もあります。

今回はその注意点のお話です。

海外でATMを使って現金を引き出す時の注意事項

海外で現金を得るのに1番換金率がいいのはATMを利用した方法です。

これは間違いないです。

空港や両替所で日本円を外貨に両替するよりも換金率がいいです。

ですが、注意事項があります。

スポンサーリンク

引き落し額はどうやって確定するの?

ATMを利用するときに現地通貨で決済するか日本円で決済するかを選べるところがあります。

この時ってどちらを選んでますか?

これにはポイントがあって、お得になるのは断然、現地通貨で決済するべきです。

これは間違いないです。

僕は世界75ヵ国を回り、ほぼ全ての国でATMを利用しましたが、日本円を選んで安かったことなんて一回もありません。

手数料が断然違う

現地通貨で決済するのと日本円で決済するので手数料が段違いに高いです。

僕はユーロをおろしたのですが、250ユーロをおろしたところFIXレート(固定レート)だと35000円で確定しますか?(英語で表示されました)と出ましたが、この時のユーロのレートは123円でした。

123円×250ユーロ=30,750円なので、手数料が4000円近くしました。

本来なら30,750円に利息やATM利用料金がかかりますが、それでも32,000円もしません。

3000円以上が手数料が取られる計算になります。

これは明らかに手数料が高すぎです。

日本円決済だとトラブルの元

他にもトルコで日本円で決済したときもありましたが、これは引き出しができませんでした。

お金が出てこなかったのです。

そのため、もう一度引き出しましたが、後で確認すると二回引き出したことになっていました

このようなトラブルにも巻き込まれますので、決済は必ず現地通貨で行ってください。

これは後からクレジットカード会社に連絡して、事なきを得ましたが、実際に電話してATMの明細書を日本に送って、とめちゃくちゃめんどくさかったです。

ATMでクレジットカードでキャッシングする時は現地通貨で決済して、繰り上げ返済をするとめちゃくちゃ安くなります。

繰り上げ返済というワードが知らない方はこちらを見てください。

関連広告ユニット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存